tsuki no kobanashi

ソプラノ 和田静乃の日々をつづります
MENU

はじめて

はじめての伊勢参りへ
1年に一度
日本の神様が題材となった舞台
古夜 INISHIE NIGHT に
出演するようになってから
ずっと行きたいと思っていた 伊勢
思いがけず
夫婦揃って連休にすることができ
念願叶って行ってまいりました

参拝して
おいしいものを食べての二日間
奇しくも
11/21~11/22(いい夫婦の日)
という日取り
同じものを見て 感じて
きれいだね
すごいね
おいしいね
と 共感できることは
やはりとても大事なことだし
それは非日常だからこそ
より感じられるものなのかもと
そんなことを感じました

肝心の参拝は
感慨深いものにならないわけはなく
古夜のお話を思い出しては
じんわりと心にくるものがあり
そんな舞台に携われていることを
感謝するしかありませんでした
演出家の方をはじめ 多くの方に
「和田さんほど神社で歌うのが似合う人はいない」
「人っぽくないところがある」
(↑褒め言葉と解釈してます)
そんな風に言われ
ある意味 いい気になっている私ですが 笑
やはり 伊勢に降り立った時の
雲ひとつない青空を見ても
大歓迎してもらえているとしか
思えませんでした

伊勢の山々
五十鈴川の清らかな流れ
境内の中に吹く柔らかい風
どれもこれも気持ちよく
アマテラス様が
「ここにいたい」と思われたのも
わかる気がしました

「ここにいる」ことは出来ずとも
「また きっとここに来る」
そんな風に思えた 伊勢
いい旅になりました

スポンサーサイト

大切な言葉

むずかしいことを やさしく


やさしいことを ふかく


ふかいことを ゆかいに


ゆかいなことを まじめに


これは 井上ひさしさんの言葉です


先日 この言葉に出会って


「これだ!」と思いました


これぞ表現するということの真髄


やはり 必要な時に


必要なメッセージはやってきます


大事なことであればあるほど


それをちゃんとキャッチできるような形で







話すこと

昨日のチャリティーコンサート
二台ピアノがあったり
一台八手連弾があったり
舞台転換が多めのコンサートだったので
場を繋ぐお話も任せられていました

最近では
トークを交えたクラッシックコンサートも
珍しくもなんともないですが
かつては今ほどではありませんでした
歌い手の場合 声のことを考えれば
お話などせず
歌に集中した方がいいに決まっていますが
やはり
お客様の立場になって考えると
曲間全てとは言わずとも
曲の解説や
その曲への自分の思いをお話すると
お客様にも
私自身にも
その音楽がぐっと近いものになってくれる
そんな気がするのです
私が主催するコンサートは
必ずと言っていいほど
トークが入りますが
ホールの舞台監督の方に
「こんなに話すソプラノ初めて見ました」
と 感心された?こともありました

お話することを勉強したわけではないですし
つい「あのー」を繰り返してしまったり
自分でも思いもよらないことが
口を突いて出てしまったり
逆に
「これを話さねば!」と思ったことを
すっかり話し忘れたり…
でも原稿を書いて
それを覚えるように話すのは
なんだか不自然で 伝わらない気がして
多少 お話の仕方に乱れがあっても
私らしく話すのを信条にしています
…つまり
話すなら笑わせよう!なんて
そんなことにもなっています
もちろん その辺は「品良く」ですが

自分が歌う舞台でお話する
それが 基本ではありますが
実は
お話しするだけのお仕事もいただいています
今年も
12月25日のクリスマスに
ディナーショーの司会を
仰せつかりました
そちらも早くも満席だそうですが
正直なところ
「お話しするだけ」という方が
私は緊張するのです…
無論 その道の人間ではないからですが
でも お仕事として依頼がある以上
「その道ではない」なんて
もはや 言えないのですよね
引き受ける以上
責任を果たすべく
「品良く笑っていただける」
そんな司会を目指します

ハレの日

「晴れ女」というわけではないのですが
大事な日は「降らない」というのが
私の定説になっています
無論
本番の日は降りません
週間予報などで雨になっていても
前日か翌日にズレたりします
雨の日が続く中
唯一の晴れの日に当たったなんていうことも
もはや
本番の日のお天気は
心配しないようになりました

今日もカラリと本当にいいお天気
この空のように
気持ちよく歌いたいと思います

絵と 歌と チェロと

2013年 11月1日に
「おやすみ・の・うた」という
5曲入りのCDをリリースしました
早いもので あれから4年…!
初めてのCD製作は
わからないことだらけでしたが
とにかく 名刺がわりになるような
自己紹介的な1枚を!と作りました

CDという形になって残るわけですし
「1枚目」ですし
素直に自分が歌いたい曲
自分に合っていると思える曲
コンサートで評判のいい曲を
20曲ほどリストアップし
その全てを
録音予定のホールで歌ってみるというのが
第1段階でした
ピアニストと相談しながら
20曲から5曲にしぼり
それから数ヶ月後
その5曲を改めてレコーディングしました

レコーディングに至るまでに
著作権の申請をし
500枚という少ない枚数でも
マスタリングや
プレスをしてくれる業者を探し
レコーディングをしてくれる人を探し…
とにかく私にとって初めてのことを
人に聞いたり 調べたりしながら
ひとつひとつ進めていきました

その時に
大きな力となってくださったのが
画家の小島典子さん
10年以上前から
私を知ってくださっている小島さんに
仮に録音した収録曲5曲を聴いていただき
ジャケット画とジャケットデザインを
手がけていただきました

本番の録音は友人に協力してもらい
その他 多くの方の力添えを頂き
私の歌がCDとして形になった時の感動…
忘れられません

発売記念に開催した
私のソロコンサートには
小島さんにゲストとしてご出演頂き
小島さんの絵と 私の歌を結びつける
そんなコンサートを開催しました

さて今月30日にも
小島さんの絵と私の歌を結ぶコンサートが!
仲良しのチェリスト
野村奈美さんにご協力頂いて
「絵と 歌と チェロと」と銘打った
お食事付きのコンサート
小島さんが数年前に出版された
「仔馬のカプチーノ」という絵本を軸にした
朗読と音楽の時間です
「おやすみ・の・うた」からも
数曲歌う予定にしていますよ
でも…おかげさまで
このコンサートはあっという間に満席!
ブログ再開前に
満席となっていたのでした…

今 ブログ再開して感じているのは
ここは
落ち着いて自分の想いを
素直に書ける場所だということ
結局毎日書いていますが
できるだけそのペースでいきたいな…
今回は完売後の告知になってしまいましたが
今後は早めにお知らせできるかと思います
どうぞよろしくお願いいたします☺︎

想いのある場所

なんでも
大きければいいってもんじゃない
と 常日頃から思っています
小さくてもいいから
そこに
想いやこだわり 丁寧さが見られる
そんな場所や ものが好きなんです
ご飯を食べるところもそう
お店もそう
ひとりで 夫婦で あるいは ほんの数人で
目を行き届かせているところ
「これでいい」のではなく
「これがいい」というものやお料理
誰でもできるものではなく
そのひとだから できるもの
そしてそのひとの「想い」を届けてくれる
そんなところが大好きです
でも そんなお店は数多くはありません
私にとってもそんなお店は
ほんの数軒です

昨日 お昼に伺った
「All Purpose Seasoning」
ご夫婦で切り盛りさているこちら
私たち夫婦は
月に2回くらいのペースで
お世話になっています

お料理もデザートもコーヒーも
とても丁寧にサービスしてくださいます
実は車で1時間近くかかるのですが
それでも行きたくなってしまうお店

腹ごしらえしたら もう1軒
オーナーさんのこだわりが
そこかしこに見えて
たまらなく 好きなうつわ屋さん「千鳥」
品良く また センス良く
アンティークが配されて
そこに個性的なうつわがならんでいます
今は
増渕篤宥さんの作陶展の会期中
色も 形も 大きさも
好みのものを見つけ
「今日はこの子!」と 直感で思いました
ふたりともが気に入ったので
そのまま購入することに

手のひらにすっぽり収まるほどの
小さな花器です
青銅色といったらいいでしょうか
深い深いグリーンと
雫のような形
増渕さんの技術が生きる柄
この柄が重すぎないのも魅力です

やはり「想い」があるものが好き
こだわりや愛情が見えないものは
私には何の魅力もありません
それがどんなに人気のあるものであっても
流行のものであっても
そんなことは 私には無関係です
想いがあるものって
作為がなく 素直なんですよね
そこがまた魅力だなぁと思うのです

40年

今週の木曜日 16日に
40年続いている
チャリティーコンサートに出演します
40回記念のコンサートです
初回は1978年!
初回から出演されている
主催者の大先輩も歌われます
80代半ばとはとても思えない雰囲気と声
正しい発声で
丁寧に歌っていたら
長く歌うことができるんだという
素晴らしいお手本です

私は30歳になる年に
一念発起して 発声を変えました
色々思うところがあり
行き詰まっていた時に
まさに「神様はいる!」と思えるような
素晴らしい出会いがありました
1から いや 0からのやり直し
パワーで押し切るのではなく
とにかく「響かせて」歌う歌い方
声楽を学ぶ者の多くが
そこを目指して勉強するのですが
とにかくその「響き」ということを
ぼんやりとしたイメージではなく
目に見えるような
確固としたテクニックとして
身につけるということは
なかなか至難であったりします

レッスンでは
まともに曲は歌わせてもらえず
来る日も来る日も
声だけを聴いていただく日々
「やり直す」と決めたものの
何度泣いたかわかりません
どうしてできないのか
何が違うのか
声に迷う日々が続きました

「見えた!」という瞬間がくるまで
なかなか長い年月でした
「月日」ではありません
「年月」です
でも それがわかった時
歴代の先生がおっしゃっていたことが
全部つながりました
少なからず 私がついてきた先生方は
皆 同じところを目指していた
私の幼さや努力不足
周りからの影響
そんなことから
私は迷うだけ迷った気がします

そして今回出演する
チャリティーコンサートに
初めて出ることになった数年前
その大先輩である方に
「あなたは本当にいいところで歌っている」
と言っていただきました
「歌うために生まれてきたような人ね」
とも

私は決して派手な歌い手ではありません
活躍しているわけでもありません
でも冗談ではなく
お棺に入る直前まで
歌える人でありたいと思っています
私はそのために
発声を変える努力をしたと言ってもいい

音楽への愛を
そこにある言葉の美しさを
「私の声」で
1日でも長く表現できるよう
これからも鍛錬を続けます

美しい言葉

ブログ再開にあたり
美しい言葉で丁寧な表現をされる
Misha Aoki さんのブログを
じっくりと読んでみました
http://www.misha-aoki.com/life-journal/
彼女の文章は
難しい言葉もなく
飾り立てた表現もない
だからこそ
すっとその言葉たちが
身体の中に入ってくる
とてもすがすがしく
それでいて書いている本人が
凛として見える
私もこんな風に言葉を紡ぎたい…
彼女の温度を感じる写真も大好き!
Misha Aoki さん
生き方そのものが美しく
私よりずっと歳下なのに
私が憧れてやまない女性のひとりです

彼女との出会いは
L’artisan Parfumeur ラルチザンパフューム
という香水ブランドのイベントでした
今からもう7、8年前になるでしょうか
私は当時の
L’artisan Parfumeur Japonの
ブログの大ファンで
一体どんな方が書いてるんだろうと
常々思っていました
そして ブランドのイベントで
彼女を見た瞬間に
「あ!この方だ!」と「感じた」のです
声をかけずにはいられませんでした
「失礼ですが…ブログを書かれてる方ではないですか?」
私がたずねると
「はい!そうです!」
笑顔で答えてくれました
そして あなたの書く文章と
雰囲気のある写真が
とても好きですと
私は素直に伝えました
すると彼女の笑顔はさらに大きくなり
「本当ですか?嬉しいです!」
と瞳を輝かせてくれました
そこで名刺を交換し
彼女がL’artisan Parfumeur Japonの
広報を担当されていることを知りました

そして そののち
2011年3月11日に起きた
東日本大震災の3ヶ月後
彼女が企画した L’artisan Parfumeur 主催の
被災地 石巻でのコンサートに
私を奏者として呼んでくれました
オファーの電話がかかってきた時
「名刺を交換した時 静乃さんとはこの先きっとご縁があると感じていたのです」
そう話してくれました

目には見えない 香りと音楽で
被災地に癒しと勇気をと
企画されたコンサート
いくつかのL’artisan Parfumeur の香りと
イメージの合う曲を選びました
当日は Mishaさんをはじめとする
L’artisan Parfumeur Japon の
スタッフのみなさんが
香りのストーリーを丁寧に語り
そのあと
私がアカペラで歌うというスタイルに

香りを感じながら聴いていただくコンサート
過去に2回ほど開催した
「香りのコンサート」や
私の主催するコンサートで
プログラムに香り付けするのは
ここから得たヒントです

この石巻でのコンサートは
私が「歌っていてよかった」と
強く思えた時間でした
お客様の笑顔と涙
そして 石巻の風景
今でも忘れられません
あの時の私が 私の歌が
どれくらいのことができたのか
私にはわかりません
でも 確実に言えることは
私の方が力を頂いてしまったということ
私が歌ってきた中で
とてもとても大切な舞台のひとつでした

そのあとも Mishaさんとは
何度かメールをやり取りし
いつも送られてくる
彼女の人となりが見えるメッセージに
私はいつも心を温かくしていました
数年後 彼女は転職
転職前に私のコンサートに来てくれて
「またきっと会えますね」
そんな挨拶を交わしました

そしてそれから数年後
表参道の裏道で
私たちは偶然に再会しました
彼女はのちにご主人となる方と一緒で
私も待ち合わせ場所に行く所だったので
「近いうちにランチしましょう!」
と短い挨拶をして別れました
彼女はすぐに連絡をくれ
タイミングよくランチをし
結婚を控えていた私に
とても彼女らしい 真っ白なケトルを
プレゼントしてくれました

そしてそれから約一年半後
今度は彼女が結婚
私からも ささやかな贈り物をして
彼女はご主人の母国 
アメリカへと渡りました
この夏 彼女は
私の誕生日と数日違いで
この世に生を受けた 
女の子のお母さんになりました
お母さんになった彼女と
その小さな女の子に
早く会える日が来るといいなと思っています

きっかけ

どうしてブログを再開する気になったのか
昨日も書いたように
気まぐれと言えば 気まぐれ
でも「今」であるきっかけは
少なからずありました

大きなきっかけとなったのは
私の7年前くらいのYouTubeをご覧になって
コンサートにいらしてくださった方の存在
このブログが凍結状態でしたから 苦笑
私のInstagramに行き着き
コンサート情報を得てくださったそうですが
そこから問い合わせてくださり
お出かけくださいました
そこまでして いらしてくださったこと
私の歌がいいと思ってくださったこと
私には本当に大きな力となりました
そんなことから
「私はここにいます!」
という指標になるような
ブログを再開しようと思えたのです

そんな先週末のコンサート
2日連続で違うプログラムでした
共演楽器も違うし
プログラムのコンセプトも違う
共演者には私の思いを押し付けて
大変な思いをさせましたが
アンサンブルもすべて
「絶対 暗譜」を強要しました
最近は
楽譜を見て歌われる方も
多くいらっしゃいます
私も 楽譜を見て歌ったこともあります
でもやはり
楽譜を見て歌うと
私はどうも
不完全燃焼に終わってしまうのです
あくまで「私は」です
楽譜を見て歌うと完全燃焼できないなんて
言い訳だと言われてしまえばそれまでです
でも
ちょっとくらい間違えたとしても
私は楽譜を外して歌いたい
楽譜を見て歌うということは
少なからず「頭を使って」歌うことになる
私は頭を使うのは稽古まで と思っています
暗譜が追いつかないほど
舞台に立ってないだけと
言われるかもしれません
でも
私はそこまでして
舞台に立とうとは思いません
本番は 詩と音楽への愛を表現する場所
そして 音楽や歌を通して
お客様と共演者 そして私が
しあわせになる場所ですから
しあわせは 心で感じるものですからね

子どもの頃から
「堂々とした子」と言われ続けてきました
それは
私の体格のせいもあるかと思いますが 苦笑
大人になった今は
「堂々と」生きたいと思っています
「堂々と」舞台に立つためにも

自分の信念をしっかりと持って
柔らかな頭で 「美しい」と思えることを
受け入れながら
まっすぐに がんばっていこう
今回 改めてそう思いました

そろそろ満席です

書き始めたと思ったら
コンサート告知を飛び越えて
コンサート満席間近のお知らせで
申し訳ないのですが…

毎年年末の恒例となっている
お菓子工房 sur un nuageの
安福茂子ちゃんとのコラボイベント
「歌とお菓子のChristmas」が
この12月17日(日)に10回目を迎えます
10回ってなかなかにすごい!と
ふたりでワクワク準備を始め
2ヶ月前の10月17日ご予約開始したところ
たくさんのご予約をいただき
とっても嬉しいことに
残席わずかとなってしまいました
ここで告知もせずに
残席僅少のお知らせなんて
失礼極まりないのですが
そんな失礼を許してくださる方で
行きたい!と思ってくださる方は
是非お早めのご予約をお願いいたします

しげちゃんと私
第10回を盛り上げるべく
色々考えています
もちろん 今年も
このために書き下ろした
小さなクリスマスのお話を
朗読しながらコンサートを進めます
今年は
おばあちゃんと孫のお話
孫がおばあちゃんとの思い出を語っていく
そんなスタイルにしました
いつもより
メッセージ性が強いかな
そして
自分で読むのに
絶対泣いてしまうであろうくだりが…
なんでこういうことを書くかな!
と自分で自分に思いながら
でもこのフレーズは必要なんだよなぁと
朗読の練習をしつつ
涙と戦っています

12月17日(日)
会場は 六本木シンフォニーサロン
日比谷線の六本木駅からですと
改札から2分ほどです
中目黒方面からいらっしゃる方は一番後ろ
日比谷方面からいらっしゃる方は一番前に乗っていただいて
ホーム端の階段を上がり
改札を出たら右へ(2番出口)
地上に出たら明治屋さんの前に出ます
そのまま進行方向へ
少し行ったところの右側(明治屋の並びになります)
シーボンビュービルの8階です

13:00開演ですが
10分前の12:50に開場します
少し早めにお昼をお済ませいただいて
「デザートは召し上がらずに」
ご来場くださいね
約1時間のコンサートの後に
かわいくておいしいケーキと
小さなお菓子
紅茶などのお飲み物もご用意しています
毎年好評の
お菓子の販売もありますし
お楽しみ抽選会もありますよ
小さなスペースに
わくわくすることをいっぱいに詰めて
お待ちしております
おひとりさま 5,000円
小学生以下のお子様は 2,500円
お膝の上でコンサートを聴くことができて
1人分のお菓子を食べられないお子様は無料です