FC2ブログ

tsuki no kobanashi

ソプラノ 和田静乃の日々をつづります
MENU

「音の葉」へのお言葉

・とてもすてきでした。聴いてて楽しかったです。(小学生・女の子)
・とても幸せそうに歌う人ととても楽しそうにピアノを弾く人の演奏は、ふたりのハートが伝染するなぁと思いました。素晴らしかったです。(40代・女性)
・ふたりが自然体で、ふたりの良さが出まくりのコンサート!!(40代・女性)
・笑顔もお話も演出もとてもよかったです。(80代・女性)
・毎日騒がしい日々でしたが、今日のコンサートでゆったりした気持ちになれて本当に楽しいコンサートでした。クラッシックだけでなく、物語を読んでいるようなステキなコンサート。一冊の感動的な本を読み終えたような気持ちです。(30代・女性)
・たのしいコンサートありがとうございました!!本当に楽しかったです。(小学生・女の子)
・こんなに美しい曲があるのかと驚きました。「音の葉」1回目のコンサートに立ち会えて幸せです。(女性)
・とても優しい気持ちになって帰ります。(80代・女性)
・とてもよかったです。どんどん続けてください。(40代・男性)
・プログラムの流れに乗せられてあっという間に楽しい音に酔いしれました。音楽の素晴らしさを実感し幸せなひとときでした。(女性)
・色々なタイプの曲がありどの曲も素晴らしく感動しました。楽しいプログラムで日常を忘れて穏やかで極上の時間を過ごせました。(女性)
・和田先生のコンサートは本当に大好きです。来るたび、しあわせな優しい気持ちを取り戻し、リラックスさせていただき帰ることができます。今日も伺えて本当によかったです。(女性)
・ゲームがとても楽しかった。(中学生・女の子)
・最近美しい日本語に飢えておりました。美しい日本語の歌、すてきでした。(女性)
・すてきな声に心洗われました。ピアノの音が大好きなので、楽しかったです。眠っていいコンサートなんて、アイディアもよかったです。(女性)
・たのしかったです。(幼稚園・女の子)
・いつも楽しいコンサートなのでいわゆる普通のクラッシックコンサートに行けるのかしら??と毎回思います。やっぱり静乃さんの歌声大好き。(30代・女性)
・真知子さんのピアノ、すごく素敵でした。優しい音色に感激しました。(女性)
・お声がより華やかに明るく春の風のように響いていて、とても楽しく、久保様の音色とともに堪能いたしました。ゲームも楽しくアイディアが素敵だな~と感嘆!(女性)
・全曲美しく楽しく素晴らしくて、涙をこらえるのに必死でした。再演楽しみにしています。名コンビですね!!(女性)
・最初から最後までどの部分を切っても、おふたりの想いを存分に伝えてくださっているのが拝聴して感じることができました。迷いのない演奏は、おふたりのお人柄も含め惹かれます。(女性)
・素晴らしい!本当に素晴らしいコンサートだった!敷居が高くないのにハイレベル!お2人の人柄が全て音に出ていて至福の時間でした。(50代・女性)
✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎
みなさま 本当にありがとうございました。
温かいお言葉を励みに
これからもがんばります!!

スポンサーサイト

「音の葉」スタート!

「音の葉」と名付けた
ピアニスト 久保真知子 と私 和田静乃の
ふたりのコンサートは
とてもしあわせなスタートを切りました
ご来場いただきましたみなさま
本当にありがとうございました

ふたりで
「どうしたら楽しんで頂けるか」を
真剣に考えて
意見を出し合いながら
ギリギリのギリギリまで試行錯誤した結果
「あー!終わっちゃって寂しい!」
そんな風に言える終演を迎えられました
でも
「終わった」のではなく
ここがスタートなんだよねと
次が楽しみになれるそんな終演でした

前半は
私の歌半分 まちこちゃんのピアノ半分で
それぞれの自己紹介をするイメージでした
冒頭に歌った「リフレイン」は
今回初めて歌った曲ですが
ものすごく自分にフィットした上に
コンサートの開演にもぴったりで
「音の葉」のテーマソングになりそうな予感
いや 実に
かなり難しかったのですけれど
それでもコンサート数日前には
自分のものにできた実感があり
当日も
とても気持ちよく歌うことができました

後半は お昼寝の時間からスタート
私は客席後方から登場し
すやすやおやすみいただけるような三曲を
その後
まちこちゃんのピアノで皆さんを起こし 笑
楽しいゲームの時間になりました
ゲームの賞品は
言わずと知れた
安福茂子さん(しげちゃん)による
お菓子の詰め合わせ!

こちらは一等賞と同じ内容を
出演者のふたりにも作ってもらったもの
一等賞~三等賞まで
美味しい組み合わせを考えてもらいました
このゲーム
小さなお子様から大人まで楽しめて
「おもしろかったー!」と
大変好評でした
コンサートでゲームなんて?!と
驚かれた方もいらしたかもしれません
ドレミに関するゲームでしたが
ゲームの〆には
お客様とみんなで「ドレミの歌」を熱唱!
私は旋律でない部分を歌ったりして
みなさんと一緒に歌えるのも
楽しかったです♬

「聴かせる」ところはがっつり演奏し
「楽しむ」ところは一緒に楽しむ
そのメリハリは
しっかりしてたかもしれません
お客様の声も 嬉しい声ばかり!!
アンケートに頂いたご感想を
この次の記事にまとめさせていただきますね

しあわせに

昨日
今週末に迫った 「音の葉」の
最終稽古をしてまいりました
稽古だけでなく
事務的な打ち合わせもいくつか
自主公演なので
何から何まで自分たちでの手作り
手作りだからこそ
ギリギリのギリギリまで
色々修正することができるし
思いついたことを実行することもできる
自主公演だからこそ 私たちの思うように
本当の意味で
お客様に楽しんでいただけるように
あと数日 頭も心も体も使って
準備に勤しみたいと思います私たちはふたりともが音楽を愛し
弾いている時 歌っている時に
とてもしあわせを感じます
この写真の2人
とってもしあわせそうでしょう?
これは本番中の写真ですが
いいところを切り取ってくださいました
私たちの日常と
私たちの本番への思いとが
この写真に完全に出ています
「音の葉」でも
いっぱいしあわせを感じながら
そして そのしあわせを放出できるように
お客様に
「しあわせわけてもらった気分!」
「楽しかった!」
と感じていただけるように
いい演奏をしようと
言葉には出さずとも
そんな思いも確認しあえた気がしています

今までも
何度となく共演してきたふたりですが
「歌い手」と「伴奏者」というのではなく
「歌い手」と「ピアニスト」として
舞台に立てるのが
真知子ちゃんという人です
彼女は 私の音楽に迎合するのではなく
私の歌に寄り添いながらも
私の音楽を豊かにしてくれる
そんなピアノを弾いてくれる人
もちろん 私の歌いやすさも
考えてくれているのでしょうけれど
そこにある音楽を
ただ「弾く」のではなく
深く表現してくれる人なので
歌いやすいというより
私が音楽に入り込みやすいのです
以前からそれは感じていましたが
今回 曲の性質からか
それをより感じています
今回は 
ふたりが主役になるコンサートですから
ピアノソロもあります
真知子ちゃんのピアノ
本当にそこに「音楽」がありますよ

私たちの想いの詰まった「音の葉」の
初めてのコンサート
ひとりでも多くの方に見届けて
聴き届けて頂きたい!
まだお席に余裕がございます
あと数日になってしまいましたが
ご都合よろしかったら
是非是非お出かけくださいませ!
✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎
8月18日(土)13:30開場 14:00開演
「音の葉」
横浜市鶴見区民文化センター
サルビアホール 3階音楽ホール
京浜東北線「鶴見駅」東口 および
京浜急行「京急鶴見駅」西口より 徒歩2分
一般3,000円 学生1,000円 (未就学児無料)
✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎
お昼寝タイムも楽しいゲームもあります
おいしい賞品も!!
お楽しみにお出かけくださいね
チケットのご用命は
lalunabianca2007 ☆ yahoo.co.jp
↑☆を@に変えてメール送信してください
お待ちしております!

暑中お見舞い申し上げます

今年は梅雨明けが早かったと思えば
異常な暑さが続いております
こちらで色々ご報告したいと思いながら
本番を乗り越え乗り越え
前回の投稿から3つの公演を終えました
まずは 宇都宮東武ホテルグランデさんでの
katoshojiさんによる「体感する絵本」
私も客席にいたかった!と思うほど
素敵なアニメーションをバックに
宮沢賢治の世界が音楽と朗読とで綴られた
それはそれはいい時間でした

心配していた暗譜もしっかり入りましたし
最終的にはどの曲も
ものすごく自分にフィットして
とても気持ちよく
心を込めて歌うことができました
私の歌を初めて聴いてくださる方が
大半だったかと思いますが
「katoshojiの世界観にぴったり!」と
言っていただけたことが 嬉しかったなぁ
歌の人はどちらかというと
存在感がありすぎて
歌が別物になりがち
それはそれで素晴らしいことなんですが
今回のように
ひとつの物語やお芝居の中で歌う時
存在感を誇示することよりも
その雰囲気の中にどれだけ溶け込み
そこで「私の歌」を歌うということが
大切だと考えているのです
声をかけていただいたからには
私じゃなくちゃダメで
でもその存在感は作品の中にあるように…
そんな風に考えています

こういう本番を越えていつも思うのは
こういう時こそ
アンテナを張ってなければ!
ということ
自分が専門でやっていることの
すぐ隣にあるようなところに
自分の専門へのヒントが溢れている
そんな風に思うのです
自分へのダメ出し以外に
自分へのメッセージがあって
本当に勉強になりました
そして今回も
とても人に恵まれました
↑みーんないい笑顔!
今回初めましてだった方達とも
たくさんのお話ができたり
初対面だからこそ
逆に話せるようなこともあって
とてもいい時間を過ごすことができました
またご一緒させていただけたら嬉しいです!

音の葉まであと1ヶ月!

先にお知らせした
8月18日(土)に開催する
ピアニスト 久保真知子さん
(以下 まちこちゃん)との
ジョイントコンサート「音の葉」まで
あと約1ヶ月となってしまいました…!
今日は プログラムを最終決定するための
打ち合わせ&稽古でした

プログラムの80%は決まっていたのですが
「何か新しいことをしたい」という気持ちと
「私たちらしさが欲しい」という気持ち
そして
「楽しんでいただきたい」という気持ちが
ふたりともにあって
そこをなんとかできるプログラムをと
ずっと考えていたのです

意見を求める という形ではなく
日々の様々なできごとから
「こういうのがいいかも!」と
思いついたりするタイプではありますが
今回は まちこちゃんの
「〇〇(曲名)もいいかもね」
という一言から始まりました
そっかぁ 〇〇かぁ…と思っていたのですが
その曲だけだとなんともしっくりこず
考えていたところに
私のわりと評判のいいレパートリーを
別の方が歌っているのを聴き
「△△(曲名)やっぱりいいよねぇ~」
と 思い また歌いたいなぁ…
そんなことを思って「あ!!!!」と
思いついてしまいました(*`艸´)

それは…
「夏の午後のお昼寝タイム」を設けること!
2013年に「おやすみ・の・うた」という
CDをリリースした私ですが
(市場には出ていません)
実は 子守歌というジャンルが
割と得意だったりするのです
「和田さんの声は α波が出ている!」
と言ってくださる方もいらして
どうやら「おやすみスイッチ」を
入れてしまう声のようです
いいのか悪いのか?という思いもありますが
睡眠障害の方たちに
私の歌を聴かせたいなんて
そんなご感想をいただいたこともありました
そんなわけで…
がっつり三曲ほど
お昼寝していただけるような曲を歌う
「夏の午後のお昼寝タイム」がございます
先日耳にした
私にアイディアをくれた曲はもちろんのこと
CDの中からも一曲
(これがまちこちゃんからの提案曲)
優しい子守歌も一曲歌います
ここはどうぞ遠慮なく おやすみください
まちこちゃんとも
「イビキが聞こえたら大成功だね!」
なんて話しています(●'w'●)
眠くしてしまう声ならば
それを逆手に取って
寝ていただきましょう!という発想!
もちろん
私の得意とするところではあるので
眠りたくない!聴きたい!という方は
ぜひ 頑張って起きていてくださいね
そして 目覚まし曲もありますので
ご心配なく!
まちこちゃんのレパートリーから
私がリクエストした
ミュージカル「クレイジー フォー ユー」の
アイ ガット リズム!
ピアノをとっても楽しそうに弾く彼女ですが
音がクリアでとても華やかなんです
そんな彼女が弾くこの曲で
みなさんを派手に起こしますよ 笑
そこで目を覚ましていただいて
コンサートのクライマックスは
是非 見届けて 聴き届けて?くださいね

そして 先日
このコンサートの詳細を友人に話したら
「恋に効きそう!」
「婚活してる人によさそう!」
と思いも寄らない感想が!
え?と きょとんとしてしまった私ですが
優しいご主人と 可愛い子どもたちと
モデルルームのようなお家で
(お邪魔する度に綺麗で本当に感心します)
しあわせな生活をする彼女と
「長い間 待った甲斐があったね~」と
あちこちで「オット」をベタ褒めされる
私とのコンサートなので
「しあわせな結婚ができるエキス」が
音楽に乗って放たれそう!という
なんともびっくりな発想…!
その想像力?に脱帽ですが
本当にそうなのかは
是非 8月18日にご来場いただいて
ご確認いただけたらと思います 笑
実際そうでなくても
クレームは受け付けませんけど 笑
とにもかくにも
皆様のお越しをお待ちしております♬
きゅんとして じーんとして
驚いて 楽しんで
お昼寝して 感動して…
そんなコンサートにします!

オマケ

まちこちゃんからのプレゼント!
オカメインコのマグネット🐤
鳥モチーフに弱く
この色合いもツボでございます~!

体感する絵本

7月から9月の
演奏スケジュールをお知らせした際に
7月22日に宇都宮で歌いますと書きましたが
今日はその詳細をお知らせさせて下さい

時々共演させて頂いているピアニスト
加藤亜祐美さんは
ピアニストととしての活動のみならず
作曲家としても活躍されています
そして彼女は
ナレーションや朗読をお仕事にされている
小路未央子さんと
音楽朗読ユニット KatoShoji を組み
宮沢賢治の作品を中心に
音楽と朗読で その世界観を表現されています
毎年夏休みに
宇都宮東武ホテルグランデで
子どもも大人も楽しめる
「体感する絵本」という公演をされていて
そこで私も歌わせて頂くことになりました

私が歌うのは
宮沢賢治の詩に
宮沢賢治の生徒であった方が作曲した
「花巻農学校精神歌」や
小路さんの大叔母さまが書いた詩に
加藤さんが作曲した作品
朗読のバックでのヴォカリーズなど
様々な形で歌わせていただきます

今回取り上げられる作品は
・銀河鉄道の夜
・ひのきとひなげし
・めくらぶどうと虹
…の三作品
映像も含めてお楽しみいただけます

ホテルでの公演なので
ビュッフェランチがついています!
11:00~ 銀河鉄道の夜
12:30~13:30 ビッフェランチ
13:45~14:45 ひのきとひなげし めくらぶどうと虹
ビュッフェも
宮沢賢治作品のイメージを表現したお料理なんだとか!
第2部は オノマトペが得意だった
宮沢賢治にちなみ
オノマトペビンゴもあるんですよー!

チケットは
第1部~ランチ~第2部ですと
大人6,000円
小中高生4,000円
3歳~小学生以下 2,000円
第1部~ランチ または ランチ~第2部ですと
大人5,000円
小中高生3,000円
3歳~小学生以下 1,000円
いずれも 2歳以下は無料
チケット代金には
消費税とサービス料10%が含まれています

実は 去年の公演のリハーサルを
都内で見せて頂いたのですが
本当に本当に素敵で
私の好きな世界観だったので
とても感激したのですが
まさか そこにお声掛けいただけるとは…!
今年は
なんとも可愛らしい
アニメーションが流れたり
照明も演出もとても美しそうです!
音楽は ピアノ チェロ 歌 そして
ちょっと面白い楽器も登場するみたいですよ

本番まであと10日足らずですが
宇都宮がお近くの方!
お近くでなくてもご興味のある方!
是非ともおでかけくださいませ
ご予約は
宇都宮東武ホテルグランデ 企画課
028-643-2169まで
10:00~18:00の受付です

加藤さんに
「楽譜を見て歌って大丈夫です!」
と言って頂きましたが
BGMになるヴォカリーズは
タイミングがあるので別としても
単独で歌う数曲は 暗譜したい!と
ただいま 必死でございます 汗
今 普通に楽譜を舞台に置いて
平然と歌う方が多くいらっしゃいますが
私はそれだと気持ちが込められず
なんとしても覚えたいのです
そこはある意味では 私のポリシー
ちゃんと「自分の歌」にして表現できるよう
本番までがんばります!
お待ちしております!

夏至

 
「あなたの歌はほっとする」
つい先日 そんな風に言っていただけました
全然ダメだなぁと思っていた矢先だったので
その言葉は沁みました
最近の私は 別次元で闘っていて
正直 苦しんでいたのです
自分を情けなく思い
その原因は何なのか探っていたりもしました
✴︎
実はそのようなご感想をいただけることは
少なくありません
わりと若い頃から
そんな風に言って頂けることがあったのは
私の風貌と声の音色からかもしれませんが
それを私は嬉しく思ってきました
でも
今の(ちょっと前の)私には
そこが見えていませんでした
何かこう
きゅうきゅうとしたものがあって
自分が 自分の歌が
「だれか」に向いていなかった
つまり
自分にしか向いていなかったと感じたのです
✴︎
「声楽の方って 威圧的で好きじゃなかったんだけど あなたは全然違うのね。あなたみたいに寄り添ってくれる歌を聴いたのは初めてよ」
数年前 涙を流しながら
そんな風に言ってくださった方のことも
思い出しました
✴︎
指導する立場においても
とても嬉しいことがありました
「指導」とは言えないほどの
私のアドバイスを受けてきた生徒たちが
この春巣立っていきましたが
彼女たちのメッセージの中にも
胸にくるものがありました
「先生は私の第2の母と言っても過言ではないです」
「不安も多い日々でしたが先生がいてくださって嬉しかったです」
「先生の人の心に届く演奏が大好きです」
✴︎
歌を始めたばかりの子が
歌に勇気をもらって
「楽しい!」と前向きになったという
嬉しい話も昨日舞い込んできました
それがどんなに嬉しかったか!
✴︎
教えるという立場に立つ時は
私が関わることの意味を
生徒たちに残したいと思っています
ただ 技術を教えるのではなく
その技術を必要とすることの意味や
「あ なんか それわかる!」
という感覚を使ってもらいたいと思っています
そこから
「なんか楽しいかも!」と思ってもらえたら
その子が生きていく上での糧のひとつに
歌がなれたなら
それほど嬉しいことはないと
思っているのです
✴︎
「アーティストは孤独だ」
「アーティストは自分との闘いだ」
そう言う人がいます
でも それが真実なのだとしたら
私はアーティストでなくていいと
改めてここで思いました
私は 人が好きなのです
私は 人の中で育ってきて
人の中で生きています
人には本当に恵まれていると思っているし
そこを無視することは
どうしてもできません
そこを今まで以上に大事にして
そこをベースに
自分の歌をよりよくするための
闘い 努力をしようと
強く思いました
年齢もありますから
何もしないと 衰えるだけですからね
「自分のいい部分を見失わずにいること」
それがとても大事なことなのだと
今 気づけてよかったと思っています

演奏スケジュール 7月~9月

7月~9月の演奏スケジュールです
変更になる場合もあるかと思いますが
5月12日現在 決まっているものを
こちらにリスト化させていただきます
チケット発売になっているものでなくても
私にご一報いただければ
ご予約という形が取れますので
是非 ご検討くださいませ!

7月22日(日) 
宇都宮で歌います
今日(!)頂いたお話なので
詳細はまた追って…

7月25日(水)「2018・ひまわりコンサート」
私の生徒たちのコンサート
ピアノと声楽の発表会です
関係者のみの無料公演ですが
事前にご一報いただければ
ご入場いただけるようにいたします
ピアノは高校生までにしか教えていませんが
声楽は高校生以上に教えています
私のレッスンに興味ある方も
よかったら是非いらしてくださいね
JR鶴見駅 および 京浜鶴見駅 駅前の
「サルビアホール 3階 音楽ホール」にて
13:30開演です

7月28日(土)「Triangle ディナーコンサート」
アンサンブルユニットTriangleの
約2年半ぶりのコンサートは
上野駅前のさくらテラス内にある
洋食屋さん「上野 遠山」さんでの
ディナーコンサートになります!
今回はチェロ奏者をゲストにお招きし
約1時間のコンサートの後
洋食ディナーをお召し上がりいただけます
18:00開場 18:30開演 19:30お食事スタート
洋食ディナーコースは
メインのお料理をお選びいただけます
(ハンバーグ または チキンレモンステーキ)
ワンドリンク付き お菓子のお土産付きで
おひとりさま 10,000円

8月7日(火)
「サイ イエングアン ソプラノリサイタル 魅惑のガラディナー」
コートヤード・マリオット銀座東武ホテルでの
崔 岩光(サイ イエングアン)さんの
リサイタル および ガラディナーの
司会をさせて頂くことになっているのですが
急遽 二重唱のお相手を仰せつかり
数曲ではありますが
崔さんと歌わせていただけることに…!
それはもうあれこれ心配ですが 汗
そんな光栄なことはそうはないので
頑張ります!
東武ホテルグループのガラディナーは
本当に毎度毎度素晴らしく
自他共に認める「おいしいもの好き」で
簡単に「おいしい」と言わない私も
本番前にお声がけ頂く試食会では
いつもしあわせな思いをさせて頂いています
正直…
このクオリティのディナーコンサートは
日本国内どこを探しても
東武ホテルさんくらいだと思いますよ
ご予約等 詳細はこちらから
https://www.tobuhotel.co.jp/ginza/banquet/plan/gala_dinner.php

8月18日(土) 「音の葉」
先日こちらでもお知らせしました「音の葉」
ピアニスト 久保真知子さんとの
ジョイントコンサートです
このコンサートに関しては
「楽しみ」しかありません♬
大好きな真知子ちゃんのピアノと歌えること
大好きな作品をたくさん歌えること
今年上半期の勉強の結果を
1番 表現できる日ではないかと思っています
13:30開場 14:00開演
会場は「サルビアホール 3階 音楽ホール」
一般3,000円 学生1,000円です

9月9日(日)「La・La・La vol.5 縁日ラララ!」
親友ソプラノ 佐藤篤子ちゃんと
ピアニスト 石野真穂さんとの
「La・La・La」もこれで5回目
毎度毎度 面白ネタを出してるコンサートですが
今回は 弾けます 笑
縁日ラララ!と副題がついてますが
縁日のようなコンサートにしたいと
楽しい演出 色々考えています!
今回は 親子席をご用意します
大人1人 小学生以下1人をひと組とし
限定10組の限定席です
子どもたちが楽しめる仕掛けも色々です!
エリア指定で
一般 4,000円
親子席(おふたりで)5,000円
会場は 尾山台の Fluss 
13:30開場 14:00開演です

というわけで
2018下半期の前半
こう書いてみると バリエーション豊か!笑
いい音楽 いい歌 いい時間が
お届けできるよう 精進します!
応援 よろしくお願いします!

コンサート準備という意味ではなく
自分のための勉強をしたいと思い
演奏活動をセーブしていた
今年の上半期ですが
今 やはりこういう時間は必要だと
実感しています
譜読みや暗譜に追われるのではなく
自分の声を丁寧に磨き
一曲一曲に対峙する時間が
ここ数年なさすぎたかもしれません
もちろん
たくさんの曲を勉強したり
短い時間で暗譜したりすることも
自分の糧にはなるし
そこで学べることも
たくさんあるのですけれど
じっくりじっくり勉強することの喜びを
今ひしひしと感じているのです

でも 勉強したなら
その成果を見せなくちゃ!とも
もちろん考えているので
今年の下半期は 色々予定しています
先日お知らせした 
8月の「音の葉」もそのひとつですが
この間 培ったものを
きちんと表現に繋げられるように
一層努力しなければと思っています

そんな2018年下半期のスケジュールを
ご予約開始されているものも
そうでないものも
近日中にこちらにまとめて
リスト化したいと思っています
ご予約受付中のものでなくても
私にご一報いただければ
ご予約扱いにできますので
みなさんのスケジュールと
照らし合わせて頂けたら嬉しいです!

音の葉

先日 少しだけお知らせした
8月18日(土)に開催する
ピアニスト 久保真知子さんとのコンサートの
フライヤーが完成しました!


今回も 私がデザインを担当しました
我ながら気に入っています(^^)
🌳
真知子ちゃんとはもう何度も共演していますが
ふたりだけのコンサートは初めて
彼女とは価値観や趣味がとても似ていて
気づいたら同じものを持っていた
…なんていうこともあったりするのですが
似た感覚を持った人だからこそ
「私たちらしい」コンサートにしよう!
と 素直に思えて そこに向かってスタートしました
気取らずに 明るく おおらかに
私たちが 綺麗だな いいなと思えるものを
まっすぐに 伝えたい
そんな想いを抱いています
🌳
「音の葉」(おとのは)というタイトルも
ふたりで色々考える中で出てきたものですが
なんだか以前からこの「音の葉」という言葉に
親しんできたような気もしています
この響きも 字の並びも
とても私たちらしい気もしています
🌳
様々な形の葉っぱ
季節により 色や輝きを変える葉っぱ
木の枝に豊かに茂る葉っぱ
それを音楽になぞらえて
これから先 私たちらしい彩りを
お聴かせすることができたらと考えています
🌳
コンサートの初打ち合わせの日の朝
バッグのポケットから小さなカードが出てきました
誰かにメッセージを書いた時に
残ったカードをバッグに入れ
そのままにしてしまっていたようでした
そのカードの隅には
このフライヤーのイラストのような
木のイラストが…
「真知子ちゃんも好きそうだなぁ」
そのカードを見てそんなことを思いました
🌳
その時点では「音の葉」というタイトルは
思い浮かんでいなかったのですが
ふたりでうんうん言いながら
タイトルを考えていた時
「そういえば今朝ね…」と そのカードを出すと
「素敵だね~」と予想通りの反応があり
やっぱりこのカードは何かのメッセージだわ と
「音の木」?「音の樹」?「おとのき」?
いや
「音の葉」!と思いついたのでした
🌳
私たちの初めての「音の葉」は
真夏の午後の開催です
おそらく ものすごく暑いことと想像できますが
木陰で葉ずれの音を聴くような
心地のいい時間にしたいと思っています
毎度のことながら 大好きな曲だけ歌います
「メッセージのある日本語の歌を静乃ちゃんのように歌える人はいない」
という真知子ちゃんの嬉しい一言を鵜呑みにして 笑
想いが込められる 大好きな日本の歌を
がっつりプログラミングしました
とってもクリアでありながら
情熱的で グッとくるピアノを弾く真知子ちゃん
私が最も信頼するピアニストです
そんな彼女のピアノと歌えること
今からとても楽しみです
8月18日(土) 13:30開場 14:00開演
横浜・鶴見のサルビアホール 3階音楽ホールで
皆様をお待ちしております
チケットご予約 お問い合わせは
lalunabianca2007@yahoo.co.jp まで
お気軽にご連絡くださいね