tsuki no kobanashi

ソプラノ 和田静乃の日々をつづります
MENU

香水中毒

さっ、毎日更新頑張ってみようかな!

昨日も香水のことを書きましたが、
つい先日「香水中毒ですね」ととあるところで言われまして、苦笑、
「はい」とうしろめたさも何もなく答えた私。

ブログの香りのカテゴリのところをさかのぼって読んでみても、
それだけで楽しい(*'ω'*)

今日も、ちょっと香水の話になって、
「ほんとに詳しいね~!」と驚かれましたが、
ひろーくてふかーい香水の世界、
私の知識なんてありんこのようなものです(^^ゞ

それにしても、増えましたよ~
IMG_6615.jpg
先日、ちょっと整理したら、
ラルチザンだけで29本ありました|д゚)

Fさん退社前にと、ずっと欲しかったものを一本購入したので、
めでたく?30本になりましたが。

私と付き合うまで、香りに興味もなく、
香水も使ったことがなかった、という修さんも、
今では毎日纏う人に( *´艸`)

この私の中毒っぷり、
とあるところで、日々纏っている香りのことを投稿しています。

ブログは毎日更新できてませんけど、
そちらは、今年の4月4日から毎日つけてます。

どなたでも見れますので、
探してみてください~( *´艸`)

あ。今気づいちゃった。
4月4日って・・・

プロポーズしてもらった日だ!

( *´艸`)♡

スポンサーサイト

L'artisan parfumeur

毎日ブログを更新していた頃、
このブログの文末に、
「きょうの香り」として、その日纏った香りをメモしていたことがありましたが、
香りは私の趣味のひとつです。
趣味、というか・・・もっと生活に近いものにも感じますが。

子どもの頃から、
「いい香りのするもの」が好きな私。
香水を纏う習慣を持つ大人が周りにいなかったわりには、
『香水=くさいもの』というような、
香水をちょっと嫌悪する時期はまったくありませんでした。

まぁ、それでも、苦手な香りはありますが、
幼い頃「プワゾン」の香りを、
いい香りだな~と思ったのもはっきり覚えていて、
ちょっと憧れたりもしましたし、
そういう意味では早熟だったのかもしれません。

そんな私が、日常的に香りを纏うようになったのは、大学生の頃。
それでも今のように「毎日、必ず」というわけではなかったのですが、
ケーレックスや、ロードイッセイ・・・そんな香りが好きでした。

そんな私を、どっぷりとその世界に浸らせてくれた、
L'artisan parfumeur(ラルチザンパフューム)。

その存在は、それこそ、大学生の頃から知ってはいました。
けれど、なぜか、手には取れなかったのですね。
その時ではなかったのかもしれません。

多分・・・
ラルチザンの虜になり始めたのは、7~8年前のこと。

その香り自体の素晴らしさはもちろんのこと、
それをナビゲートしてくださる、スタッフさんたちが素晴らしい。
商品知識が豊富なだけでなく、
その商品への愛情が感じられるお話はとても魅力的で、
おかげで、私の香水ワードローブも、
お店が開けるほどになりました。笑。

ラルチザンから派遣されている、
バーニーズニューヨーク横浜店にいらっしゃる、Fさんを始め、
表参道店にいらっしゃる、店長のHさん、スタッフのSさん、
かつてのPRでいらしたAさん・・・

この方たちとの出会いがなかったら、
私と香水との関係は、ここまでではなかったろうな、と思います。


私がなぜ、今、ここでこんなことを書くのかというと。


日本における、ラルチザンパフュームの運営会社が、
今月末を持って変わることになったのです。

つまり・・・

表参道店は7月20日をもって閉店、
スタッフのみなさんも、ほとんどの方が移管先に転職されない、とのこと。

いわゆる「大手」に移管されます。
それにより、今までより取り扱う店舗が増えたり、
購入しやすくなるものになるかもしれません。

新しい会社での運営はこれからなので、
まだ何もわかりませんし、憶測することしかできませんが、
多分、今までとはまったく違う方向に向かうのではないか・・・と危惧しています。

いや、好きなものだからこそ、
いい方向に向かうことを祈りたいのですけれど。

一つ前の記事に書いたことは、
このニュースも含めてのお話。
やはり、小さくて濃いものが好きなんです、私は。

寂しいし、切ない。本当に。

こんな、名もないソプラノを、
石巻でのチャリティーコンサートのアーティストと選んでくれたのは当時のPRのAさんでした。
その後、私が主催するチャリティーコンサートに、
お客様へのお土産として、ラルチザンパフュームのサンプルを提供してくださったり、
コンサートにスタッフさんが出向いてくださって、香りを説明してくださったりも。

私が周りの友人たちに紹介し、
「外販担当」の異名をいただいて、笑、
そんな香りの話から、
交友関係が広がったり深まったりもしました。

バーニーズのFさんは今月末まで店頭にいらっしゃるので、
ぎりぎりに伺うつもりでいますが、
表参道店は20日で閉店なので、先日、伺ってきました。

それこそ、とてもこぢんまりとした、素敵な空間。
愛すべき香りたちを、ひとつずつ丁寧に販売されてきた、スタッフのみなさん。

場所にも、人にも、感謝です。

今まで、本当にありがとうございました。

でも、大丈夫。
必要な縁は、切れません!

IMG_6446.jpg





あいもかわらず

毎日一回更新、ではなく、
更新したい時に更新します!と宣言したこのブログ。
でも、結局ほぼ毎日一回更新になっているという事実^^;

それでも、どうにもこうにも、
今日は疲労困憊で無理!という時や、
うーん、書く気になれないなぁ・・・という日もあるので、
気持ち的には楽になりました。
・・・って、しばりを作っていたのは私なんですけれど。

毎日一回更新ではなくなったので、
いつも文末につけていた、
「きょうの香り」もやめてしまいましたが、
香りを纏うことをやめたわけではございません。

あいもかわらず、毎日楽しんでおります(^^♪

ここ最近、ぐぐっと気温も下がって、
一年のうちでも、もっとも香りが楽しめる時期になってまいりました。

気温の高い夏は、汗もかくし、湿度もあるので、
香りのもつ本来の姿が出にくい季節なのですね。

それが秋になると、
気温だけでなく、湿度も低くなり、
香りが綺麗に出るようになるのです♪

秋に新作が出るのも、きっとそこが理由でしょうね。
まぁ、クリスマス商戦っていうのもあるでしょうけれど・・・

きっと、香水は苦手!という方も多くいらっしゃるでしょうけれど、
香水のあまりよくないイメージは、
ある一部の方たちにより、
払拭されることはありません・・・泣。

先日も、街中を歩いていたら、
前を歩いていた、俗に言う「チャラ男」くんが、
それはものすごい強烈な香りを放っていまして・・・
「一本飲んだ?」と聞きたいくらいでした。

数年前、バスに乗っていたら、
おそらく、ご自分が美しいことをよーくわかってらっしゃる、
私があまり好きではないタイプの、俗に言う「ギャル」さんが、
私の前に座り、
その瞬間、コキっと私の首は後方に折れました。
あつーい日だったのに、
空気が染まりそうなくらい、あまーい香りを放っていました。
「ふりかけまくってきた?」と聞きたいくらいでした。

多分、そのチャラ男くんは、付ける量が半分以下でいいと思うし、
そのギャルさんは、その香りを下半身にちょっとつけてたら、
そんな公害にはならなかったと思うのですけれど・・・

昔、
屁ぇこきましたね、あなた~♪という歌がありまして、笑、
エレベーターの中で・・・という歌詞が歌われてましたが、
そのチャラ男くんやギャルさんがエレベーターに乗ったら、
それは、殺人行為です。毒。

ああいう方たちがいるから、
香りの悪いイメージが払拭されないんですよ~(/_;)
反面教師にもなってくれてはいますが・・・

「いい香りだな~」と思って使っているのなら、
それがいい状態で香るマナーも身につけたいもの。

香りの相談を受ける時に、
どこに、どのくらいつけたらいいですか?とよく聞かれます。

その香りの濃度や種類によっても違うし、
一概にこう、とは言えないのですが・・・

私は重い香りはほとんど付けませんが、
重い香りを付けるは、下半身にしかつけません。
濃度の濃いものは、足首のみにしています。

あと、どんな香りでも、手首にはつけません。
手につける場合は、内肘にふわっとかかる程度につけます。

頸椎につけるのも好きです。
夏場は、ヒヤッとして気持ちいいですし、
上半身でも、そこまでは強く感じない場所ではないかと思います。

空気中にワンプッシュして、そこをくぐり抜ける、というのも、
よくやる纏い方です。

そして、シロウトでありながら、
その人に似合いそうな香りを選ぶ、なんてことも、
相変わらずやっております(^^♪

初心者だけど、香りを使ってみたい!という方も、
私とつながっている方なら選べると思いますよ~^m^

この秋。
上手に選んで、上手にまとって、
香りをいっぱい楽しんでみてはいかがでしょうか(^^♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

湿度

なかなか梅雨らしいお天気にはなりませんが、
やはり、湿度は感じるようになってきました。
iphoneアプリで、湿度計なるものがあり、入れてみましたが、
ここ数日、70パーセントを上回る日ばかり。

正直、暑いのはあまり好きではない私。
「なんでこんなに暑いのに涼しい顔してるの?」とよく言われますが、
いえいえ、暑いです。
夏生まれが暑さに強い、なんて誰が言ったのか・・・
まぁ、寒さに強いわけでもないのですけれど。

暑いだけでなく、そこに湿度の高さが加わると、不快指数がもれなくUP。
じと~~~というのは、苦手です。
あ、気候だけでなく、そういう人も苦手です。毒。

でも。
日本人が肌がきれいなのは、この湿度のおかげだとか。
ヨーロッパのように乾燥がひどいど、肌の老化も早いらしい・・・
不快でも悪いことばかりでもなさそうです。

香りにも、雨の日や湿度の高い日に合う香りがあります。
主に、湿度が低いヨーロッパで作られることが多いものだからか、
やはり、乾燥が始まる秋に綺麗に香るものが多いことは確かですが、
意外に雨の日がいい!という香りも。

そんな香りは、入浴前にお風呂の蓋を開けた状態で、
香りをふりまき(もしくは湯船に香りをプッシュ!)
浴室をしめきってしばらくしてから入浴すると・・・
もう気分は高級スパでございます!
なんて、高級スパなんて行ったことないんですけど。笑。

私の個人的見解ですが、
ほんのり甘い香りが湿度に合う気がします。
意外に、すっきりさっぱりした香りは、湿度に負けてしまう気がします。
でも「ほんのり」というのが、かなりな重要ポイント。
ただの甘い香りでは、酔いますのでご注意を。

そう、私のメールマガジンでは、
毎月、その月をイメージした香りのご紹介もしています。
毎月11日に発行しているメールマガジン、
明日は発行日です!
明日ご紹介する香りは、湿度が高い時にイチオシの香り♡

明日は、午後に配信予定です。
未登録の方、是非ご登録くださいね(^o^)丿

きょうの香り・・・「服の色にあわせて」
カリーニャ × ナヴィガー(ともに、ラルチザン パフューム)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

CALIGNA

さて、昨日のつづき・・・

私が昨日購入した、ラルチザン パフュームの新作「CALIGNA(カリーニャ)」
caligna2.jpg
ラルチザン パフュームは、通常黒い箱なんですが、
今回は、特別バージョンなんだとか。
ラベルのシャンパンゴールドも、かなりツボです♪

この香りを嗅ぐ前に、この香りのイメージや、
香りの構成を知った時から、
「絶対好き」
・・・と思っていましたが、笑、
実際店頭で試してみたら、思った通り!でした。

やわらかく、気品があり、透明感とあたたかみを併せ持つ香り。
かなり、好きです。


私の香水の世界は、ここ2、3年でががっと広がりましたが、
広がったからこそ、自分の「好き」がよりクローズアップされてきました。

私のストライクゾーンにある香りに共通するのは、その「透明感」
さらっとしていながら、存在感がある、そんな香りが好きです。

香りに興味を持ち始めた頃から「透明感」は必須でしたが、
当時好きだった「透明感」と今求めている「透明感」とは、
ちょっと違う気がしています。

今は、透明は透明でも「あれ?」と思わせる個性が欲しいのです。
そして、あまり女女してない香り、というのもポイント。笑。
ファッションも香りも、甘いのは得意ではありません・・・

その点、CALIGNAは、すべてをクリア!
一気に私のお気に入りフレグランスの上位に躍り出ています。笑。

久々の新しい香りではありますが、
数ある香りのワードローブと共に、楽しみたいと思います♪

きょうの香り・・・「もちろん!」
カリーニャ(ラルチザン パフューム)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。