tsuki no kobanashi

ソプラノ 和田静乃の日々をつづります
MENU

3月

今日で3月も終わり。
今年の3月・・・
大変な惨事に見舞われた日本。

こんなことが起こるなんて・・・

誰もが思ったことではないでしょうか。

地震、津波、そして、原発。
20日経った今でも、暗中模索。
悲しみと、不安と怖れ。
なかなかぬぐい去ることができないものが、まだまだうずまいています。

誰もが、この地震をきっかけに、
今まで考えもしなかったことを深く考えたのではないでしょうか。
見て見ぬふりをしてきた、私たち人間の、そして、私個人の問題を、
私は、自分の目の前に提示されたような気がしています。

とにかく、ちゃんと生きる。
大事な人、大事な時間を、もっともっと大事にする。
今日、今があることに感謝する。
明日におびえるのではなく、明日に向かっていく気持ちをもつ。
やりたいことに躊躇しない。

・・・そんな思いを、私は新たにしました。
あなたは、どんなことを考えましたか?

自分を大事にして、傷つきたくない、そう思うから不安になるんだよ。

ここに書くのをしばらく考えていたのですが、
これは、故・岡本太郎氏の言葉です。
ある意味、過激かもしれません。
でも、私は、この言葉にハッとし、お腹の奥底にすとん、と入りました。

これからも、不安になることはいっぱいあるでしょう。
でも、その度に、この言葉を思い出すようにしたいと思います。

傷ついたって、いい。
自分で、よくやった!と、あとで思えた方がいい。
そういう人生にしたい。

この惨事がなければ、きっと、こんなに深く強く思わなかったこと。
こういう時に感じたことだからこそ大切にしたい、私の思いです。

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。