tsuki no kobanashi

ソプラノ 和田静乃の日々をつづります
MENU

帰国しました!

約2週間の船旅から、今朝、帰国しました。
楽しく、有意義な経験をさせていただきました。

昨年に引き続き、このような機会をくださった、
崔岩光さんと、マネージャーの木村さんには、
心から感謝しています。

今回の旅。
色々な意味で濃厚でした。

ブログも携帯でプチ更新してみましたが、
航海中は電波が届かなくなるので、更新したくてもできなかったり、
更新したつもりでもできてなかったり・・・(-"-)
気づけば、3つほど投稿できていない記事がありました(@_@;)

今日からは、通常通りパソコン更新(^o^)丿
プチ更新でちょっと触れてきたことも含めて、しばらく旅行記を書きますね。

正直、何から書いたらいいんだろう・・・という感じですが、
旅の始まりから、少しずつ振り返って行こうかと思います。


旅のはじまり。

2011年の飛鳥Ⅱワールドツアーは、
4月3日の横浜出港から、7月15日の神戸入港までの、約100日間。
毎年乗船され、船内コンサートをされている崔さんですが、
今回は、5月16日から5月31日の約2週間の乗船でした。
もちろん、船は4月に日本を出ていますから、
乗船する国までは、成田から飛行機で向かいました。

乗船中の寄港地は。

5月16日 オランダ・アムステルダム(乗船)
5月19日 ドイツ・ワルネミュンデ
5月21日・22日 スウェーデン・ストックホルム
5月25日 ノルウェー・ベルゲン
5月29日 ノルウェー・ホニングスヴァーグ(下船)

アムステルダムまでは、パリで一度乗換がありました。
早朝6時前にパリ、シャルル・ドゴール空港に到着。
ここから乗換の時間が長かった~
早朝でお店も開いていないし、時間を潰すすべはおしゃべりのみ^^;

でも、6:30になると、ベーカリーがオープンするという話!
日本にもあるPAULが、私たちが乗りかえるゲート近くにあったのです!

いい香りがしてくるゲート近くで、わくわくしながら開店を待ちました。
もうすぐオープン
開店した!と思ったら、あっという間にビジネスマンや旅行客の列が。
私たちは3番乗りくらいでした。笑。

旅の始まりの朝ごはんは、キッシュ・ロレーヌとカフェ・オ・レ!
PAUL.jpg

その後、無事に乗りついで、オランダ・アムステルダムへ。
空港では現地スタッフさんが出迎えてくれました。

バスで港に向かい、乗船。
そして、すぐに街にでました!
アムステルダム
可愛い街並み。
さすが、チューリップの国、あちこちに球根が沢山売られていました。
観光、と言えるほどの時間はなく、約1時間半の街散歩。

でも、ちょっと小道に入ったら、
下着姿の女性が、部屋の中からこっちを見てる!
あっちも、こっちも!
きゃーーーーーー!
そうか、そう言えば、オランダってそうだったんだ。
話には聞いてたけど、こんなとこ、普通に通っちゃうよ!という場所でした。
私たち一行、足早にそこを去ったのは言うまでもありません・・・

小道を抜け、ほっとして運河沿いを歩いていたら、
こんな可愛い子に出会いましたよ。
アムステルダム猫
にゃ!

写真だとわかりづらいですが、大きな体の子でした。

というわけで、ちょっとドキドキするお散歩をしたアムステルダム。
思ったほど、街中にミッフィーはいませんでしたが、笑、
思わぬところで文化の違いにふれた、旅の始まりでした。

・・・というわけで、続きはまた明日!

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。