tsuki no kobanashi

ソプラノ 和田静乃の日々をつづります
MENU

せめて 4

せめて、の最後は、ソプラノ崔岩光さんの
12月9日椿山荘ディナーショー、
そして、
その「翌日」(!)からの飛鳥Ⅱについて。

椿山荘に関しては、すみません、写真撮ってるどころではなく、
本当に一枚も写真がございません<(_ _)>

椿山荘、という老舗ホテルで、
崔さんのお手伝いをさせていただくのも、4回目。
今回は、プロデューサー兼、本番中はMC(ナレーション)というお役目。

もちろん、たくさんの方たちに助けていただいたからこそ、
本番も無事に終えられたわけですが、
終えられてよかったー!というのが、正直なところ。

そして、ほっとする間もなく、
飛鳥Ⅱ乗船・・・!

今回は12月10日横浜~12月24日オークランド(ニュージーランド)の乗船。
お客様は、3月半ばまでの、南半球ワールドクルーズ、です。
南極にも行くのだとか!

飛鳥Ⅱは、今回で5回目でしたが、
初回から3回目までは、ひどく船酔いし、苦しい思いをしたので、
今回も前回同様、船酔いしませんように・・・!というのが、
まず一番の願いでした。

そこ?!と思われるかもしれませんが、
酔ってしまうと、本番どころじゃなくなってしまうのです。
もちろん、今までもそれなりにはやってきたわけですが、
酔わないのと酔うのとでは、
天と地、どころか、天と地下奧深ーく、くらいの差。

おかげさまで、崔さん一行で酔わないだけでなく、
酔い止めいらずだったのも、私だけでした(*^^)v
乗船した翌日、台風の影響で海は大荒れ、
クルーの方たちも「久々にあんなに揺れましたね~・・・」とおっしゃるほどだったのに!

あんなに酔って、船内で注射までしてもらった人が・・・!
もともと、三半規管が弱く、乗り物酔いしやすい人なのに、
もう飛鳥Ⅱは大丈夫!と思い込むこともできそうです。

そして、コンサート。
12日、15日、21日の3回公演で、
全公演のコンサートMCと、
15日と21日は、崔さんの二重唱のお相手をさせていただきました。

image1 (5)
15日は日本の歌を3曲(うち、1曲はアンコール)、

image1 (2)
21日は、昨年の私の結婚披露コンサートで二重唱した2曲を。

ドキドキはしていたものの、
しっかりしなくっちゃ!という思いが強く、
なんだか、自分でも驚くほど、
いつも以上にどっしりと落ち着いていたような気がします。笑。
逆境に強いのか、
頼られると強くなるのか・・・

それにしても、
崔さんの申し出で、今回のように、
二重唱のお相手をさせていただけるようになったんだ・・・と思うと、
とても感慨深いものがありました。

お客様にもたくさん声をかけていただいて、
嬉しいご感想もたくさんいただいて、
カーテンコールで「しーちゃーん!」と声援をくださる方もいらして、
本当にかわいがっていただきました( *´艸`)

次回はあるのか、
あるとすればそれはいつなのか、
それはわかりませんが、
どんな状況でも、どんな体調でも、
自分の歌が歌える奏者でいられるよう、
これからも精進しよう!と思いを新たにした乗船でした。

関係者のみなさま、
飛鳥Ⅱのお客様、
本当にありがとうございました!

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。