tsuki no kobanashi

ソプラノ 和田静乃の日々をつづります
MENU

さて

今週末のサルビアホール・音楽ホールでのコンサート、
Spring has come ! 
…の準備も着々と進めております。
考えてみれば、2007年にソロコンサートを始めた頃から、
自分が出演するコンサートの企画演出までもやらないと気が済まず、
なんだかんだと口を出し、頭をひねり、心を使ってきました。
実は昨日、私よりもずっと色んなところで歌ってる人が、私のコンサートにずっと行きたがっている、という話を聴きました。
その方は、ちょっと挨拶をしたことがあるくらいの方。
イタリア生活も長かった方で、私のコンサートを聴きたいだなんて、そりゃまたどうして?という思いも。
いや、行きたい、と思ってもらえるだけでも、それはとっても嬉しいことで、そこは素直にありがとう、なんですが、私のコンサートで勉強をしたいと。
べべべ、勉強?!?!
私はやりたいようにやっているだけで、お客様としあわせな気分になりたい!と願っているだけで。
応援してくださる方は、ほんとに全出席!というくらい、毎回毎回いらしてくださる方もいて(本当にありがとうございます!)私の色を出しつつも、毎回違ったことをして、楽しんでいいただかなければ!という思いでやっているだけなのです。
そんな思いだけで自主公演は続けているのですが…
演出やら、プログラミング、パフォーマンス、コンサートの流れなどなど、色々勉強させてもらいたい、と。
今週末、念願叶っていらしてくださるのだそうです。
ほんと、そんな風に思ってもらえるなんて!と驚きながらも、そういう方達にも「そうか!」という発見があるものにしなければ、という思いも出てきました。
このことは、実際、具体的に私の耳に入ってきたわけですが、どうやら、ちょっとしたウワサになってきているようなんです。
他人がやらないことをしてて、それが奇をてらってないんだよ、と。
私のコンサートの特色がしっかりあって、それが評判になってるというのは本当に嬉しいこと。
先月末のLa prossimaに来てくれた友人は、
「クラッシックコンサートで、あんなにお客様が泣くってことはないと思う」
と。
その本人も号泣していたそうですが、泣いてしまいましたという声は多数頂き、お帰りの際に顔をぐちゃぐちゃにして泣いていらした方もいらっしゃいました。
いや、泣かそうと思ったわけではないんですが、、、
でも、こころに何か残る、あぁ、来てよかったな、と思える、そんなものにはできたのかなと思っています。
お客様の感想や、評判に負けないように、ひとつひとつ、自分のできる限りのことを丁寧にするだけ。
歌そのものも、歌以外の部分でも。
そんなわけで。
今週末も1人でも多くの方に聴いて頂きたいと思っています。
心震える声と歌になるように、ギリギリまでがんばります。
そして、MCも私全開で参りますので、
迷われている方、時間が空いた方、
ぜひぜひ、サルビアホール・音楽ホールへお越しください!
2月28日(日)13:30開場 14:00開演
Spring has come ! 凛音-rion-とその仲間たち
一般3,000円 小学生以下1,500円
※当日券もございますが、事前予約をオススメいたします。
lalunabianca2007☆yahoo.co.jp
↑☆を@に変えてメッセージくださいませ!
お待ちしております♩

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。