tsuki no kobanashi

ソプラノ 和田静乃の日々をつづります
MENU

続々

本当にありがたいことに、
先日の「華宴」の評判が非常に高く、
再演のご希望を続々と頂いています。

本当に嬉しく思っています。
ありがとうございます。

先日も書いたように、
本当に大丈夫なのだろうかと不安に思う日々が続いた今回でしたが、
最終的に、私たちは楽しく歌い、演じることができました。
そして、お客様にも喜んでいただけて、
「再演して!」という声を多く頂く日々。

こういうことが、やはり、次へのエネルギーをくれるのだと思います。

電気がプラスからマイナスへ流れるように、
音楽や歌だけでなく、舞台表現というものでもその流れがあります。
演者、奏者がプラスで、聴衆がマイナス。

つまり、プラスからマイナスへ、
そしてマイナスからプラスへ、
エネルギーが循環しているのです。

奏者のエネルギーが弱ければ、やはり、それなりの舞台にしかならず、
お客様から返ってくるエネルギーが弱くても当然。

でも、奏者がすごく頑張って、全力で舞台に臨めば、
お客様からもそれだけ返ってくるのだと、
今までもわかっていたことですが、
今回のことで、痛感させられています。

好きで続けている音楽、歌。
続けられる環境にあることを感謝しなくてはいけないとも思っていますが、
応援してくださる方たちがいてくださることに、本当に感謝しています。

プラスとマイナスの作用をずっと持続できるように、
いい企画をし、
いい準備をし、
いい演奏をしていきたいと思っています。

これからもよろしくお願いいたします。

きょうの香り・・・「すっきり、でもあたたか」
地獄通り × ナヴィガー(ともに、ラルチザン パフューム)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lalunabianca.blog69.fc2.com/tb.php/1038-c2eaf0b8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。