tsuki no kobanashi

ソプラノ 和田静乃の日々をつづります
MENU

コンサート本編

昨日もちょっと触れたように、今回のコンサートは、
急遽公演決定したものでしたので、
プログラムはどうしよう?と考えました。

こじんまりとしたサロンに似合うプログラミングで、
歌だけでなく、ピアノにも聴かせどころがあって、
あったかくて、やさしさのある雰囲気にしたい・・・
時間にして、約1時間。

そこで「!」と思いだしました。
昨年3月の、凛音-rion-のチャリティーコンサートを。
東日本大震災の3月11日を目前にした3月8日。
震災から一年、癒しや慰めはもちろん大事だけれど、
人は、夢を見ることができたら、前を向けるのではないか?と考え、
「夢といえば!」ということで、ディズニー作品を歌おう、ということに。

当初は、普通にMCをしながら進行する予定でしたが、
なんか・・・違う。
そこで、私が曲をつなげられるように、物語を書いたのです。

煙突掃除やさんの女の子のお話『はじめての誕生日』
このお話のテーマは「再出発」

お話は自分で書いたとは思えないくらいよく書けて(自画自賛にもほどがある)
お話を書くことによって、プログラムも多少変えましたが、
朗読も含め、40分弱の、まとまったプログラムができました。
昨年は、ピアノソロは入れませんでしたが、
今回は3行書きくわえて、ピアノソロも入るバージョンに。

それでもまだ短いので、冒頭に自己紹介的な演奏をいれました。
さっちゃんはリストの「愛の夢」
私たち凛音-rion-は、オペラ≪ラクメ≫の二重唱を。
この二重唱もすっかり私たちのオハコになってまいりました(^^♪

凛音in Tri-R
ごあいさつ。

さっちゃんソロ
さっちゃんピアノソロ。

朗読中まりか
朗読中・・・
朗読中しずの
朗読中・・・

歌う凛音
もちろん歌って・・・

今回のプログラムは、ひとことで言えば、
女の子(子?)らしいプログラム。
女の子(子?)が3人でのコンサートですから、
女の子(子?)だけだからこそのプログラムにしました。

コンサートの最後には、私たちからトライアールオーナー家族のみなさんに、
ささやかながら、お花をプレゼントしました。
いい香りのスイートピーがメインになった、春らしいアレンジを。

私たちがお花を用意していることが、お店側にわからないように、
そっと手を尽くしてのサプライズ。
オーナーもマダムも、お嬢さんも、とても喜んでくださいました。

16年もの間、色々なことがあって、
いいことばかりではなかったかもしれませんが、
ランチもディナーも連日の満席で、
この突然の閉店を惜しむ方がたくさんいらっしゃるのを見れば、
トライアールがどれだけの方たちに愛されてきたかがわかります。

もちろん、私もそのひとりで、
見切り発車ではありましたが、閉店間近の一晩、コンサートさせていただけたこと、
本当にしあわせに思っています。

そして、私たちにも、お客様からお花を!
うれしそうな私photo by Rachel
私、満面の笑顔・・・(*^^*)

いつものことながら、とてもしあわせな時間でした。

きょうの香り・・・「すっきりといやしてもらいたくて」
ゼラニウム・プー・ムッシュー(フレデリック・マル)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lalunabianca.blog69.fc2.com/tb.php/1041-22c3d51b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。