tsuki no kobanashi

ソプラノ 和田静乃の日々をつづります
MENU

どれだけしあわせか

旅は好きだけど、旅先で「帰りたくない!」とは思わないこと。
同様に「ここから逃げ出したい」とは思わないこと。
深酒をして、うさばらし、なんてしなくて済んでしまうこと。

・・・それは、自分の当たり前の毎日が好きだから。

多少、つらかったり、大変なことがあっても、笑顔でいられること。
「素敵だな」「すごいな」と思える人が、周りにいること。
「この人に支えてもらっている」と実感できる人が、そばにいること。

・・・それは、好きな人に囲まれているから。

当たり前の毎日が好きで、好きな人に囲まれているから、
いつも自分がありのままで、心穏やかにいられる時間が長いのだと思うのです。
そう、私の日常には「安心」があるのです。
そういられるからこそ、
自分の芯を持っていられるような気さえします。

その「安心」は絶対的なものではないかもしれないけれど、
どこかで「絶対的なもの」と信じているところがあります。
お得意の「思い込み」かもしれませんが。

そして、何より、

基本的に元気で、病気と言ったら、軽く風邪をひくくらいで済んでしまうこと。

やはり、健康な身体を与えてもらったことは、本当にしあわせなことです。
しばらく続いていた緊張感がほぐれ、ちょっと風邪気味になり、
「本番のない時でよかった」と思いつつ、
やっぱり、元気でいたい、と思いながら痛感しています。

春分の日。
昨日に引き続き、また自分のしあわせを実感できた一日でした。

さぁ、春本番です。

きょうの香り・・・「大切な日は、大切な香りを」
ナヴィガー(ラルチザン パフューム)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lalunabianca.blog69.fc2.com/tb.php/1066-99097557
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。