tsuki no kobanashi

ソプラノ 和田静乃の日々をつづります
MENU

きれい!!

昨日は、雨の中、神楽坂のギャラリーへ。
昨秋に引き続き、ストールブランドumu-wakaの展示会へ出かけました。
展示会場へ足を踏み入れ、思わず、
うわ~(♡▽♡)!と声が出てしまいました。

写真で見ても、きれい!!!
umu-waka.jpg
昨秋、初めて伺った展示会も感激しましたが、今回の会場の方が広かったこともあり、
ずらーっと並ぶストールたちに感嘆の声が出てしまったのです。

umu-wakaのストールの色は、なんと、300色!
その色には、素敵な名前がついていて、それがまたテンションをあげます。
ブランド代表の若山さんが「今の私」に必要な色を選んでくださるのです。
この、半ばセッションのようなストール選びが、
楽しくて、刺激的で・・・どきどきするのです☆

その話を母にしたところ「行きたい!」となり、
今回は母の参戦がメインのはずだったのですが、急遽行けなくなり、
母は写真でのセッションとなりました。

でも、その前に、まず私にかけられたのが、「惜縁夏花色」というグリーン。
この色・・・まさに、先日、大転倒の末、はじけたドレスと同じ色!
hello music
まさに、この色・・・
このリンクの仕方がすごくて、のっけからクラクラ・・・
「それをしばらくかけててね」とお願いされ、
「これもいいかも!」と次に来たのが「檸檬王子色」という鮮やかイエロー。
「うん!明るい!明るい!」と言われつつ、すぐに外されて、
「白がきたら・・・どうだろう?」と白を。
これは、白泥染め、といって、名前のないものなんですが、
実は、私が展示をぐるっと見まわして、一番欲しい、と思っていたもの・・・
「おおっ!これだっ!」となり・・・
その後は・・・はい、ご想像にお任せします・・・(*^^)

母は、青みピンク系の大判と、黄色系の小さいのが欲しい、と言っていたので、
事情をお話し、写真を見せて選んでいただきました。
そして母に選ばれたのが「蓮華浮夢色」と「雫檸檬色」
娘の私も、納得の色だったので、お持ち帰りしたところ・・・
本当に母に似合う!!ぴったり!!
母も大喜びで「実際行ってたら、もっと買っちゃったかもね~」なんて。笑。

umu-wakaの魅力は、その色だけではありません。
その品質も素晴らしいのです。
繊維を極限まで細く撚り上げて、うすーく織り上げているのだとか。
肌触りもそれはそれはよいのです。
その生地を、大島紬の染色家さんが染め上げて、umu-wakaのストールが誕生するのです。
やわらかで、繊細なものではありますが、
「汚れたら、水洗いできますから!」と・・・!
そんなところも魅力。

まさに、made in Japanの、素敵な作品です。
また秋の展示会が楽しみ!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lalunabianca.blog69.fc2.com/tb.php/1125-7306293d