tsuki no kobanashi

ソプラノ 和田静乃の日々をつづります
MENU

あら?

日々のささいな出来事、ちょっとした会話、
たまたま見たテレビ番組、ふと見た電車の中づり・・・

そんなところから、今の自分へのメッセージを見つける私ですが、
最近のメッセージは「知らないことへのマイナスの思いこみを捨てる」ということ。

マイナスの思いこみって、
ある意味では、自分の範囲を狭めていることになるんですよね。

例えば、色。
ずっと似合わない、と思いこんでいた色が、
あててみたら、あら?案外似合うんじゃない?と思えたりすることはないでしょうか。
実際、そういう色を着て出かけてみたりしたら、気分があがったり、
「○○さんがそんな色、珍しい!でも、似合いますね!」
・・・なんて言われて、嬉しくなったり。
もちろん、なんだかその色に落ち着かなくて、
やっぱりダメだ、となってしまう可能性もあるわけですが。

つまり、試しもしない、経験もしてないことへの、判断は危険、ということ。

教育現場でも使われる言葉ですが(私もよく言う)
やる前から「できない」というのは、ナシ!
自分に合うかどうか、できるかどうかの判断は、
やってみてからでも全然遅くはない、ということ。

実は今日、ずっと苦手だと思いこんでいた香りを、初めて使ってみて、
このメッセージが、お腹にすとん、と落ちました。
「すごくお似合いだと思いますよ!」
・・・とはずっと言われていて、そうかなぁ・・・と思っていた香り。
香りのイメージは嫌いではなく、
似合う、と言われるのもわからなくはなく、気にもなっていました。
それでも、やっぱり苦手な気がして、
自分の肌で試してみることは今までなかったのです。

・・・が。
その香り、ものすごく好きでした。
自分の肌に乗せると、こんなに変わるんだ!というのも驚きでしたが
(そんなこと、香りにはまって100も承知だったはずなのに)
こんなに好き!と思える香りなのに、今まで手を出さなかったなんて、
もったいなかった!!とも・・・
まぁ、これがタイミングで、
香りを色々知った今だからこそ、なのかもしれないのですが。

おかしいなぁ・・・

最近、多を知ったからこそ、自分の大好きゾーンが明確になった!なんて思ってたのに、
その「多」にも含まれていなかったところに、大好きを見つけてしまった・・・

このメッセージ・・・
「もっと色んな事を知りなさい、まだまだ!!」
・・・そんな風に言われているような気がしてならないのです。

いや、常に「まだまだ!!」と思っているタイプの人なのですが、
自分で自分に限界を作らないようにしよう、と、
そんな風に思いを新たにした私でした。

きょうの香り・・・「私に教えてくれた香り」
森のパウダー(ラルチザン パフューム)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lalunabianca.blog69.fc2.com/tb.php/1132-6f7c0221
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。