tsuki no kobanashi

ソプラノ 和田静乃の日々をつづります
MENU

選曲の理由

今回のプログラムは、映画音楽とミュージカルナンバーのみ、
アンコールの2曲もそれに徹し、
一曲もクラッシックを入れずに構成しました。
クラッシックを勉強した人たちが・・・という感じですが^^;

何故、そんなプログラムにしたかと言えば、
夢が持てるような明るい雰囲気を作りたかった、
前を向いて一歩ずつ、というメッセージを込めたかったというところから。
まさに、エールを送るようなものにしたかったのです。

キーワードは『ドラマ』
第一部では、トークスタイルのMCはゼロにし、
曲間を私が書いた詩の朗読で綴るスタイルにしました。
次に演奏する曲のテーマを詩の中に取り入れ、
なんとなく曲の説明をしているような、
メッセージを語っているような、そんな詩にしました。
とにかく、一部は、夢見るように、美しく。
そんな雰囲気でお届けいたしました。

第二部は、ほのぼのとした雰囲気に。
第一部ではスタイルを整えたので、
二部では少しフランクに、
3人のトークも入れました。
このトークコーナー、
Triangleのコンサートの恒例にもなっています。
いや、こういうコーナーを作らないと、
私以外のふたりはお話することがほとんどないので・・・^^;
今回は、昨年の石巻でのコンサートの思い出話をしました。
そこで、かめ七さんの奥様からのお手紙も読ませていただきました。

クライマックスは、自然に前を向けそうな曲を並べ、
アンコールはとにかく楽しく!
アンコール2曲目、ドレミの歌は、
会場のお客様とともに大合唱!
楽しくコンサートをお開きにすることができました。

今回は、詩でコンサートを進行するだけでなく、
客席の中で歌ったり、
3人で背中合わせで歌ったり、
雰囲気作りにも工夫をこらしましたが、
ますます、普通のコンサートはしたくないなぁ・・・
・・・という思いを強くいたしました。

アンテナをしっかりはって、
色んなコンサートをプロデュースできるようにしたいと思います!

きょうの香り・・・「やっぱり」
ナヴィガー(ラルチザン パフューム)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lalunabianca.blog69.fc2.com/tb.php/1182-bed04480
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。