tsuki no kobanashi

ソプラノ 和田静乃の日々をつづります
MENU

思い

「私は物語のあるものを好む傾向があるんだな」
・・・ということに気づいたのは数年前。

「素敵!」と思ったそのものには、
見ただけではわからない、物語が隠れていることが多いのです。
そして、やはり、それがモノだったとしても、
中身は外見に出るんだな、と思うのです。

そして、その物語を知り得ることができるのは、
私の好奇心と、
コミュニケーションから。

だから、お買い物をする際、また、外食をする際、
ちゃんとコミュニケーションできるお店(スタッフさん)を
より好むのだと思うのです。

「小さいお店が好きなんだな」
・・・ということに気づいたのも数年前。

お店が小さい、ということは、
お店の方の目やサービスが行き届く、ということ。

それと同時に、
そこにある思いやこだわりがはっきりする、
ということでもあると思うのです。

大きいと、うやむやにしていてもOKなところも、
小さいと、うやむやにできないから、
仕事も丁寧になる。

そして、小さければいいってものでもなく、
ちゃんとやりたいから、小さくやってます、というスタンスが好き。

「人の手を感じるものが好きなんだな」
・・・ということに気づいたのも、また数年前。

手で作ってるので、ちょっといびつです、とか、
全く同じに作れません、というのは、
私にとってかなり魅力的なフレーズ。

同じに見えるものの中から、
「これがいい!」と探し出す時もちょっと楽しい。

丁寧に作られているものを、
旅立たせるような気持で販売されている方とか、
本当に応援したくなります。

もちろん、それならなんでもいいわけではなく、
そのものが「好き!」と思えるかどうかが先ですが。


やはり、大事なのは「思い」
人間である以上、
それをすごく大事にしたいと思う、私です。

きょうの香り・・・「オレンジ、気持ちいい!」
ビガラード・コンセンテ(フレデリック・マル)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lalunabianca.blog69.fc2.com/tb.php/1192-b9feab77
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。