tsuki no kobanashi

ソプラノ 和田静乃の日々をつづります
MENU

たまらない!!

先週の自分の誕生日。
ずっと行ってみたかったお店に行ってきました。

しかけえほんやさん3
外観もとってもかわいい、メッゲンドルファーさん。
鎌倉にある、しかけ絵本やさんです。
しかけえほんやさん2

小さな店内に、国内外のしかけ絵本が所せましと並んでいます。
どれにもサンプルがあって、楽しく見せていただくことができます。
お店の方もすごくやわらかな方で、
「何かあったらお声掛けくださいね」とだけ言ってくださって、
たくさんの絵本をゆっくりと見させていただきました。

本当に、端から見倒した、という感じです^^;

普通の本屋さんでも見たことがあるものも数冊はありましたが、
ほとんどの作品が初めて見るものでした。
あ、大好きな駒形克己さんの本、little treeも扱いがありました!
駒形さんの本、普通の本屋さんでは販売していないんですよ~

正直、欲しい本はいっぱいあって、
でも、1冊は、しかけ絵本ではないのだけれど、
特別にこちらで取り扱っているという本を買いたかったので
(その本はまた後日ご紹介します)
誕生日記念?に、これが一番!というのを一冊だけ買おうと決めました。

結局「わー!これ欲しい!」と
最初に思ったこちらにしました!
ナマケモノのいる森で
『ナマケモノのいる森で』
表紙だけでも、充分ツボでした。
フランスの絵本です。

さまざまな動物が住み、人間も楽しく集う森。
その森の木々が、容赦なくどんどん伐採されていきます。
鳥も、ヒョウも、アリクイも、みんな逃げて行きました。
でも、ナマケモノはのんびりしていて、
森に残ってしまいます・・・
そして、最後の一本まで切られてしまいました。
逃げて行った動物たちは、そして、ナマケモノは
どうなってしまったのでしょうか・・・?

ただのしかけ絵本ではなく、
そこにちゃんとメッセージがあったのも、決め手でした。
詩的な表現も素敵なのです。

ナマケモノのいる森で2
最後のページ。
木がいっぱい。
めでたしめでたし、な結びです。

同じ作者の、海の絵本もよかったのですが、
内容が好きだったのがこちらでした。

他にも、かわいくてユニークなしかけ絵本がたくさん。
鎌倉散歩の際には、是非、立ち寄ってみてください!

きょうの香り・・・「あら、今日もですか」
ナヴィガー(ラルチザン パフューム)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lalunabianca.blog69.fc2.com/tb.php/1210-6432c98d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。