tsuki no kobanashi

ソプラノ 和田静乃の日々をつづります
MENU

Happy Wedding!!!

さて、そんな『月夜見』の翌日・・・

鎌倉雪ノ下教会へ。

先日もちょこっと書きましたが、
いつもお世話になっているピアニストのしぶやみなこさんが、
ご結婚されました\(^o^)/

ご主人になられた方のお話は度々聞いておりましたが、
とても穏やかな雰囲気の方。
とても素敵なカップルです♡

クリスチャンのしぶやさん、
ご自身が通われている教会での挙式でしたが、
多分・・・列席の方は200名を超えていたのではないかと思われます。
日頃のお二人がうかがえるなぁ・・・(^^)とつくづく。

また、牧師先生のお式の進め方が、とてもあたたかでした。
声も明るいいい声で、お話自体がとてもお上手。
そこここに優しくて品のいい笑いを織り込まれていました。

先生のお話をうかがいながら思ったのは、
人間は、やはりとても小さいということ。
悔しがったり、イライラしたり、
ささいなことで自分を取りみだしてしまったり。
でも、小さいからこそ、
ひとりでは生きていけないし、
ひとりでは生きていけないから、
そこに愛情が生まれるのだろうということ。

谷川俊太郎さんの「空」という詩に、
こんな一節があります。

さびしさは甘えじゃない
さびしさはふたりで生きている証し


「ふたりで生きている証し」なんていう温かい言葉にふれると、
寂しさを感じる小ささがあってもいいのかな、と思ってしまうのです。

何かに、誰かに「しがみつく」というのではなく、
当たり前にそこにある、そこにいる、という感覚、
それがあってからこその自分、
その人があってからこその自分、という感覚は、
いいものだなぁ、と思えるのです。

しぶやさん、ご主人さま、末長くおしあわせに・・・♡

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lalunabianca.blog69.fc2.com/tb.php/1242-1546f8ea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。