tsuki no kobanashi

ソプラノ 和田静乃の日々をつづります
MENU

そして、新潟

しぶやさんの結婚式、挙式後の集合写真の撮影は失礼して・・・
新潟へ参りました!!

そうです、我が神奈川学園のコーラス部は、
全日本合唱コンクール高等学校の部で、
関東大会に進んだのです!!

8月末に開催された神奈川県大会は、
石巻のコンサートと重なってしまったため、
私は聴きにもいけなかったのですが、
すごく気持ちのいい演奏ができたのだとかで、
金賞をいただき、関東大会への切符も手にしたのでした。

神奈川学園は中高一貫校。
コーラス部は、中学生と高校生が活動をともにするクラブです。
部員25名中、中学生が18名、高校生が7名。
それでも、中高生がともに出場する場合、
高等学校の部に出場することしか許されません。
当たり前と言えば当たり前ですが、
コンクールで名をはせている学校は高校3年生まで当たり前に歌っていますが、
神奈川学園は、高校3年生になると同時にクラブは引退なので、
中1~高2の5学年で活動しており、
さらに、中学生のうちの7名は、中学1年生、という事実・・・

それなのに、県大会を突破できたって、
本当に素晴らしいことで、
その感激のシーンに一緒にいられなかったことは、
ちょっと残念でもあったのでした。

関東大会は、9月22日。
新潟にある、りゅーとぴあという大きなホールで開催されました。
全47団体!
一番多いところで、145名も部員がいるところがあるのです!!
学校の半分がコーラス部員なのでは??という感じです。

それにしても、関東大会なる場所には初めて行きましたが、
どの団体も、本当に上手!
コンクールという場所は、私自身とても苦手な場所ではありますが、苦笑、
高校生が純粋に音楽に向かって上を目指している、というのは、
本当にいいものだ!!とつくづく思いました。

それでも、まがいなりにも私は音楽が専門なので、
結果を見ると、あーやっぱり!という学校が上位に。

いや、もう、本当に、みんなしのぎを削ってきているので、
全然ダメ!っていうのはないんです。
もう、一定のレベルを超えると、好みに左右されるのはあると思います。

きちんと丁寧に作ってあることはもちろんなのですが、
その枠からはみだす個性があるところが多かったような気がします。
私は個人的な趣味で、
明るい演奏、はつらつとした躍動感がある学校が好きでしたが、
どうやら、その好みは審査員の先生方と一致するものがあったようです。

全47団体のうち、7団体が全国大会へ進みましたが、
なんと、全団体で最優秀で選ばれた学校の指揮者は、
以前、結婚式のお仕事を一緒にしていた、Sさん!!

Sさんは「学校の先生になる」と聖歌隊を辞められたのですが、
専任になるまえに非常勤でも先生をされていたので、
優秀なコーラス部で・・・というお話は伺っていました。

今回、神奈川学園も関東大会に進むとなって、
もしかしたら、会場でSさんに会えるのでは?と思っていた私ですが、
Sさんの学校は、全国大会の常連校なのでした・・・

プログラムにSさんの名前を見つけ、
演奏後にお声掛けしようと思っていたのですが、
その前にロビーでばったり!

「Sさん!!」
「・・・?!?!しずのちゃん!!なんでなんで!!」

と、プチ騒ぎ。笑。

嬉しい再会なのでした。

そんなSさん率いる生徒さん達の演奏は、
本当にのびのびしていて、明るくて、
まさに「好み」だったし、
Sさんらしいなぁ~!とも思ったのでした。

・・・と、さて。

我がコーラス部は、残念ながら全国に進むことはできませんでした。

でも、不利な条件の中で、あそこまで行ったこと、
緊張でがちがちになってしまったけれど、
あの大きな舞台で歌えたことは、
彼女たちにとって大きな財産になったことでしょうし、
ここが、また新たなステップになるのだろうと思えた本番でした。

そして、翌日・・・

文化祭でのミュージカル「ウエストサイドストーリー」公演!
もちろん、前日とは全く違う内容です。
鬼のようなスケジュールの中、
それにまっすぐ向かって行った彼女たちに拍手!!

ウエストサイドに関しては、
来春、もう一度公演があります。
脚本家の私は、文化祭の本番で色々気になったところを手直しし、
指導陣と相談し、演奏曲も増やし、
さらにいい舞台を目指します!

過去は、過去。
今できることを、まっすぐに!

生徒たちにもそんな姿勢でいて欲しいと思う私でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

-2 Comments

一之瀬 says..."おめでとうございました。そして、お疲れ様でした。"
突然ですが、私は去年の神奈川学園の文化祭を見に行かせていただき、その時にコーラス部の公演、ミュージカル「CATS」を拝見しました。

今年も是非見に行こうと、行かせていただきましたが・・・。
一日目は関東大会に行ってらしたのですね、驚きと同時にミュージカルへの期待が高まりました。新潟とは、、、生徒さんも先生も大変ハードスケジュールの中とても素晴らしいものが出来上がっていて、ただただ感服いたしました。
「CATS」というミュージカルは、もとが曲だけで構成されているので、チラシ?で「WEST SIDE STORY」の文字を見たときは、お芝居やダンスをどうカバーしたのかとても気になり、実際に見た時はお芝居の完成度の高さやダンスの力の入り具合が見えとても驚きました。
そして、一番はやはり歌でした。マリアとトニーの「Tonight」、ノリのいい「America」、ピリピリした空気が伝わってくる「Cool」、愛を誓い合う「One Hand One Heart」、迫力満点の「Tonight (Quintet)」、可愛らしくどこか面白い「I Feel pretty」そして様々な思いが織り込まれていた「Somewhere」。
どれをとっても素晴らしかったです。マリアやトニーはの二人だけのソロにもかかわらず堂々と歌いきる様やアニタの思いきった歌い方が学生さんとは思えないほどの気持ちの入れようで感服いたしました。(ほかにもソロの方がいらしたのですが、役名がわからないため表せず、申し訳ありません。)そして、バックコーラスの方がいらっしゃるおかげで舞台の中だけで収まってしまいそうだったのが、一気にこちらに広がってきました。両サイドの方たちの何気ないダンスもとても可愛らしかったです。
なにより、ピアノの演奏の方が非常に素晴らしかったです!!記憶違いでなかったらですが、去年の「CATS」もピアノを担当されていた方かと思うのですが、堂々としたピアノの弾きっぷりや、細かいとこまで気にして弾かれているのが学生さんとは思えないです!!
関東大会の次の日というハードスケジュールで時間もなかったと思われるのですが、それを感じさせない素晴らしい公演でした。
和田静乃さん、そしてコーラス部の先生と生徒さんたちには心から感謝を申し上げます。ここまで作り上げ、公演していただいたおかげで、「CATS」以来の興奮を感じました。
本当に「お疲れ様です」と「ありがとうございます」という言葉を送りたい次第です。

長々と申し訳ありませんでした。
定期演奏会、来年の文化祭、是非楽しみにしておきます。
それでは、失礼させていただきます。
2013.10.04 20:37 | URL | #- [edit]
shizuno says..."一之瀬さま"
コメント、ありがとうございます。
そして、コーラス部の文化祭公演にご来場くださいまして、ありがとうございました。

もったいないくらいのお褒めの言葉、本当にとても嬉しいです!
今年は、かなりタイトなスケジュールだったので、心配もしましたが、
生徒たちはまっすぐに音楽に、舞台に向いてがんばってくれました。

どうしてもシビアな目で見てしまう私たち指導陣ですが、
定期演奏会では、もっといいものができるはず!と、
脚本の手直しも含め、来年春に向かって新たなスタートをします。

定期演奏会にも是非お運びくださいませ。
ありがとうございました。
2013.10.05 01:00 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lalunabianca.blog69.fc2.com/tb.php/1243-79c2b906
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。