tsuki no kobanashi

ソプラノ 和田静乃の日々をつづります
MENU

巻物女

私は、学生の頃から無類の「巻物」好き。
忘れもしない、大学3年生の時、
同級生のTちゃんに「巻物女」という別名をいただきました。笑。

寒い時期はもちろん、
夏場でも薄手のコットンやシルクジョーゼットのスカーフを、
いつも、本当にいつも、していました。

それから、約倍の年齢になってしまった(!)今でも、
巻物女はしっかり健在。
いや、健在どころか、パワーアップしております。

この歳になっても、
「首に年齢が出てない!」と驚かれるのは(自慢)
若い時から、ずっと首を保護し続けてきたからではないかと、
個人的には思っています。

夏場に巻物を使う、とは言っても、
やはり、巻物が大活躍するのは、寒い時期。
私が「寒くなって行く過程」が好きなのは、
巻物選びが楽しくなる♪ということもあるような気がします。
そう、香水も同じような時期に綺麗に香るようになりますしね!

巻物において(香水においても同様に)
よく質問されるのは、
どれくらい持っているか?ということ、
たくさん持っていて、全部使うのか?ということと、
使用頻度が高いものはどういうものか?ということ。

どれくらい持っているか?・・・につきましては、
服の数よりは多い、ということくらいにしておきましょうか^^;
巻物は、サイズというものがないので、手が出がち^^;
それでも、増加するスピードは年々下がってきてはいる気がします。
・・・たぶん。

そして、全部使っているか、といえば、そうでもありません。
でも、数年使ってなかったけど、今年はよく使う、なんていうのもあります。
あんまり使わないけど、大好き!というものあります。

最後に、使用頻度が高いものについては、
ストール購入を考えている方もいらっしゃるかもしれないので、
参考までにご紹介します。

多分、一番使っているのではないかな、と思うのが・・・
ストール1
グレイッシュなベージュのストール。
細ーいゴールドの糸が織り込まれていて、
控えめにきらっとします。

これはもう4から5年前に購入したものですが、
仲良し店員さんに、イチオシ!とすすめられたもの。
私も一目で気に入ったものでした。

サイズは、約110×200。
薄手ですが、大判なので、くしゃっとぐるっとすると温かく、
ちょっと肌寒い程度の時には、
広げて肩から羽織るようにも使えます。

色みと巻きやすさがいいのかな?と思っています。

もうひとつ、よく使うのが・・・
ストール2
黒の大判です。
こちらは、約75×200。

これは、ニット素材。
やわらかくて、とっても気持ちがいいのです。

いわゆる「織」のものではない、
フリンジのついてない、
あまり厚手ではない、
黒のストールをずっと探しており、
やっと見つけたのがこの子でした。

これも、ベージュのストールどうよう、
くしゃっとぐるぐるすればマフラー仕様に、
広げて肩から掛ければ、羽織ものの代わりに使える一枚。


私の巻物遍歴からいって、
「使える!」ものになる条件は、

①大判のもの
②やわらかい素材のもの
③厚手ではないもの
④マフラーとしても、羽織ものとしても使えるもの
⑤色みが自分の肌と合うもの
⑥手持ちのコート類との相性がいいもの

・・・こんなところ。

写真を載せた以外のもので、使用頻度が高いものも、
この6つの条件をすべてクリアしています。

顔のまわりにくるものでもあるので、
似合う、似合わないがはっきり出てしまうのも、巻物。

パッと見て、素敵!と思っても、
ご購入の前に、鏡の前で、色々な巻き方を試して、
よし!と納得してからにしてくださいね。


では、明日は、同様に香水について書いてみましょうか!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lalunabianca.blog69.fc2.com/tb.php/1288-8b9eac02