tsuki no kobanashi

ソプラノ 和田静乃の日々をつづります
MENU

寄港地

久々の連日更新です。笑。

飛鳥Ⅱレポ再開~♪

さて、4度目になる飛鳥Ⅱ乗船でございましたが、
今回は、約1ヵ月間のアジアツアーの、
最後の10日間に乗船する形でした。

マレーシアのコタキナバルまで、飛行機で行き、
コタキナバルから乗船。
image (17)
久々に会った、飛鳥Ⅱちゃん。
青空に映えて、美しかった!!

そして、翌々日には、フィリピンのマニラに寄港、
そのまた翌々日に、台湾の基隆に寄港、
基隆には、一泊停泊して、
3月5日には神戸、
6日には横浜入港、というスケジュール。

寄港地では、乗船アーティストたちも、観光をすることができます。
神戸は、そこで下船する方が大勢いらっしゃるのと、
停泊時間が短いので観光はできませんが。

今回は、どこも街歩き程度の観光をしてきました。

一番印象に残ったのは、台湾・基隆。
基隆には、夕方の入港だったので、
夜、街に出てみよう、ということに。

image (15)

基隆港にはウッドデッキになっている、
ちょっとした公園のような場所があり、
そこでは、大勢の方が、飛鳥Ⅱを撮りまくっていました。
そこにまぎれて、私も一枚。
夜の飛鳥Ⅱも綺麗です!

この基隆の入港日が土曜日だったこともあり、
街は大賑わい!!!

屋台がずら~っと並ぶ「夜市」
これには、圧倒されました・・・・・・・・
image (14)
たくさんの提灯の下、
たくさんの人がいるのがおわかりになるでしょうか・・・

話には聞いていましたが、
満員電車の中にぎゅうぎゅう入って行くような、
そんな混雑具合・・・(@_@;)
屋台も、日本のような屋台ではなく、
食べ物を販売しているところにちゃんと座席があって、
人がぎゅうぎゅう歩く中、
そこで食べている人たちも大勢いるのです。

私たち一行は、その様子に圧倒されるばかりで、
歩いてはみたものの、
何も食べることもなく、飲むこともなく、
大人しく船に帰ったのでした・・・

正直、あの雰囲気には、のまれました・・・

翌日、中国茶を買いに街に再度出ましたが、
お茶やさんの店主の、やさしーいおじさまも、
一度も夜市には行ったことがない、との話でした。
地元の人でも、なじめないってことがあるのねぇ・・・と、
ちょっと驚いたりもして。

このおじさま、本当に優しい穏やかな顔立ちで、
実際、とても親切にしてくださったのですが、
その顔立ちに似合わず、髪型は、白髪のパンチパーマ。
崔さんが中国語でおじさまとお話されている時、
ピアニストのあゆみちゃんに、
「このおじさん、若干パンチ」とつぶやいたら、
あゆみちゃんは、ツボにはまって沈没してました。笑。

いやいや、パンチが悪いわけではないのですけれど、
やっぱり、バランスって大事よね、と思った私でした。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lalunabianca.blog69.fc2.com/tb.php/1335-31096141
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。