tsuki no kobanashi

ソプラノ 和田静乃の日々をつづります
MENU

4月です

気づいたら、4月!
さくらも満開ですね!
我が家のベランダから、お花見ができるんですよ~(^^)
写真 (17)
公園で遊ぶ少年たちの声をBGMに、
パソコンに向かってたまった仕事を処理する昼下がり、
おかげさまで花粉症もないので、
窓を開け放ち、気持ちいい風に吹かれております。

昨日までは、毎年恒例の、
神奈川学園コーラス部の春合宿に行って参りました。
生徒たちも、本当によく頑張った3日間でしたが、
指導陣もへろへろになって帰って参りました・・・

今年の定期演奏会は、4月27日(日)鎌倉芸術館にて開催します。
宗教曲から、合唱組曲、そしてミュージカルまで、盛りだくさん!

その本番に向けての合宿だったわけですが、
文字通り、朝から晩まで、練習漬け。
1日10分ずつの個人レッスン(ボイストレーニング)もあり、
指導者側も休みなし!
へろへろになるわけです・・・・・・・
でも、色々な意味で、ぐぐっと上がった時間を過ごすことができました。
あと約一ヶ月、
ぎりぎりまであきらめることなく、
いいものを作る努力の日々は続きます。


「教える」ということは「教わる」ということ。
それは、コーラス部員に限らず、
生徒に注意することは、自分への注意だといつも感じます。

よく「演奏だけではやっていけないから、教える」という話が出ます。
私自身も、そう思っていたことはありました。
でも、今は、そんな風には思えなくなりました。
だからと言って、
演奏することをせずに、教えることだけに没頭しようなんて、
毛頭思いませんが。笑。

ひとつのことに秀でる、ということは素晴らしいことですが、
私は自分にできることは何でもやりたいタチですし、
「演奏と指導の両方ともを一所懸命」というのが、
私らしいのかもしれません。

あ、いや、「両方」どころではなく・・・
「三つ巴」になる気配があるのですけれどね^m^

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lalunabianca.blog69.fc2.com/tb.php/1339-e566225a