tsuki no kobanashi

ソプラノ 和田静乃の日々をつづります
MENU

命名!

9月9日。
今年も、中秋の名月の翌日は、
赤坂の山王日枝神社での舞台、
「古夜INISHIE NIGHT」で歌わせていただきました!

お天気が心配されたこの日・・・
ですが、もちろん私は、
「絶対大丈夫!」と思いこんでおりました。
そして・・・
写真 1 (19)
見事、晴れました(^^)v

実は、この古夜INISHIE NIGHT、
私が参加するようになった二年前以前は、
当日、雨になることの方が多かったらしく、
一度は嵐になった日もあったとか。
二年連続晴れたことはない、というジンクスを、
去年見事に打ち破り、
今年ももちろん!というわけだったのです。

キャストのみなさんからは、
「ワダテラス様」と命名していただきました(*^_^*)

日本の神話を題材にしている、
古夜INISHIE NIGHTだからこそ、の名前です(^o^)丿

さて。
今年の神様は、諏訪明神にいらっしゃる、
タケミナカタのお話。
タケミナカタがどうして諏訪に鎮座するようになったかが描かれました。
それは、あつーい友情のお話。

友情と正義。
本当に気持ちのいいお話でした。

私は、オープニングテーマとエンディングテーマを含む4曲と、
劇中にアカペラでBGMを。
これが、お芝居に絶妙に絡んでいまして・・・
アカペラなので、私のテンポが狂うと、
お芝居と合わなくなってしまうのです。
もちろん、役者さんも様子を伺いつつ演じてくださるけれど、
お互いにさぐりすぎてしまうと、
結局は合わなくなってしまう。
さらに、効果音も入るのでなかなか大変で・・・

でも、本番は・・・
この上なく、ぴったりに!!!!!

役者さんふたりと私が舞台にいるシーンでしたが、
そこが終わって、私とともにはける役者さんと、
裏でガッツポーズ!!!

最高に気持ちよく、そして、ホッとしました。

毎度のことながら、
あの舞台で歌えることは、本当に気持ちよくて、
のびのびと歌わせていただくこともでき、
しあわせに終演を向かえることができました!

諏訪明神終演後
終演後。
キャスト、スタッフのみなさんと。
不覚にも、私は着替えてしまって、
ドレス姿ではないのですけれど(-"-)

写真 2 (19)
こちらも、終演後にパチリ。
とても綺麗なお月さまでした。

また来年が楽しみです。

本当に素敵な舞台、古夜INISHIE NIGHT。
毎年いらしてくださっている方も、
まだ未体験の方も、
来年の中秋の名月の翌日に、是非、日枝神社へ!!!

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lalunabianca.blog69.fc2.com/tb.php/1369-50cf32ab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。