tsuki no kobanashi

ソプラノ 和田静乃の日々をつづります
MENU

音の葉

先日 少しだけお知らせした
8月18日(土)に開催する
ピアニスト 久保真知子さんとのコンサートの
フライヤーが完成しました!


今回も 私がデザインを担当しました
我ながら気に入っています(^^)
🌳
真知子ちゃんとはもう何度も共演していますが
ふたりだけのコンサートは初めて
彼女とは価値観や趣味がとても似ていて
気づいたら同じものを持っていた
…なんていうこともあったりするのですが
似た感覚を持った人だからこそ
「私たちらしい」コンサートにしよう!
と 素直に思えて そこに向かってスタートしました
気取らずに 明るく おおらかに
私たちが 綺麗だな いいなと思えるものを
まっすぐに 伝えたい
そんな想いを抱いています
🌳
「音の葉」(おとのは)というタイトルも
ふたりで色々考える中で出てきたものですが
なんだか以前からこの「音の葉」という言葉に
親しんできたような気もしています
この響きも 字の並びも
とても私たちらしい気もしています
🌳
様々な形の葉っぱ
季節により 色や輝きを変える葉っぱ
木の枝に豊かに茂る葉っぱ
それを音楽になぞらえて
これから先 私たちらしい彩りを
お聴かせすることができたらと考えています
🌳
コンサートの初打ち合わせの日の朝
バッグのポケットから小さなカードが出てきました
誰かにメッセージを書いた時に
残ったカードをバッグに入れ
そのままにしてしまっていたようでした
そのカードの隅には
このフライヤーのイラストのような
木のイラストが…
「真知子ちゃんも好きそうだなぁ」
そのカードを見てそんなことを思いました
🌳
その時点では「音の葉」というタイトルは
思い浮かんでいなかったのですが
ふたりでうんうん言いながら
タイトルを考えていた時
「そういえば今朝ね…」と そのカードを出すと
「素敵だね~」と予想通りの反応があり
やっぱりこのカードは何かのメッセージだわ と
「音の木」?「音の樹」?「おとのき」?
いや
「音の葉」!と思いついたのでした
🌳
私たちの初めての「音の葉」は
真夏の午後の開催です
おそらく ものすごく暑いことと想像できますが
木陰で葉ずれの音を聴くような
心地のいい時間にしたいと思っています
毎度のことながら 大好きな曲だけ歌います
「メッセージのある日本語の歌を静乃ちゃんのように歌える人はいない」
という真知子ちゃんの嬉しい一言を鵜呑みにして 笑
想いが込められる 大好きな日本の歌を
がっつりプログラミングしました
とってもクリアでありながら
情熱的で グッとくるピアノを弾く真知子ちゃん
私が最も信頼するピアニストです
そんな彼女のピアノと歌えること
今からとても楽しみです
8月18日(土) 13:30開場 14:00開演
横浜・鶴見のサルビアホール 3階音楽ホールで
皆様をお待ちしております
チケットご予約 お問い合わせは
lalunabianca2007@yahoo.co.jp まで
お気軽にご連絡くださいね

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lalunabianca.blog69.fc2.com/tb.php/1480-5316eacb