tsuki no kobanashi

ソプラノ 和田静乃の日々をつづります
MENU

3月11日

あっという間の一年、とも思えるし、
長かった一年・・・とも思えた今日。

先日のチャリティーコンサート開催にもあたり、
5月に石巻で歌わせていただくこともあり、
これでも、いろいろなことを考えてきました。

そして今日は、やっぱり去年の今日のことを思い出さずにいられませんでした。

被災地の東北地方、関東でも千葉や茨城で被災した方たちに比べれば、
私たちが感じた恐怖など、取るに足らないものでしょう。

それでも、色々なことを明確に覚えています。
あの時、こうだった、そして、こうなって・・・
やはり記憶は、ショックとともに深く刻まれるのでしょうか。

私ですらそうなんですから、
津波の被害にあわれた方たちは、どんなにか・・・と思います。

今日は、きっと、多くの人たちが、
一年前を思い、涙し、胸を痛めたことでしょう。
忘れかけていた人たちも、
きっと思い出さずにいられなかった、そんな日だったと思います。

忘れてはいけないことだから、記憶が鮮明なのかもしれませんね。

私たちが失ったたくさんの命のご冥福をお祈りし、
残された私たちが「精いっぱい生きる!」という思いを新たにするのが、
今年の、そしてこれからの3月11日にするべきことかもしれません。

私にとっては、
いつ、どんなことがあっても、後悔のないように、
人や動物、モノに対しても、愛を持って接し、
やりたい、と思うことに対しては、貪欲になって努力する、
できることを一所懸命やる。
当たり前のことだけど、なかなか当たり前にできないことや、
やりたいけど、躊躇してできないことを、
やっぱり、やらなくちゃ、と再確認する日となりました。

3月11日。
あなたは今日、何を思いましたか?

きょうの香り・・・「無色透明な、まっすぐ伸びた一本の筋」
ジュニパー・スリング(ペンハリガン) × ひと夏の紅茶 × 地獄通り(ともに、ラルチザン・パフューム)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lalunabianca.blog69.fc2.com/tb.php/698-4fbc4f57