tsuki no kobanashi

ソプラノ 和田静乃の日々をつづります
MENU

柑橘類

春は、柑橘類の旬。
グレープフルーツに、甘夏、いよかん・・・
フルーツ売り場に行くと、様々な種類の柑橘類が並んでいます。

昨年夏にこちらにも書いた私の「フルーツジュースブーム」は、
寒くなると次第に下火になりましたが(やっぱりか・・・)
「朝のフルーツは金!」
「フルーツの酵素は、空腹時にこそよく働く!」
・・・というのを信じておりますので、
起きぬけに何かしらフルーツを食べてから一日を始めています。

とりわけ、柑橘類が好きなので、
今の時期は、選び甲斐があるというか、あれこれ食べたくなるというか・・・^^;
ここ最近のお気に入りは「日向夏」
実が柔らかく、みずみずしく、酸味と甘みのバランスが好き。
とってもさわやかなフルーツです。

今日は、なんだかとってもタルトが食べたくて、
タルト専門店のキルフェボンに行ったら、
ありました!日向夏のタルト!
日向夏のタルト
こちら、最後のワンカットでした。ラッキー!
日向夏のタルトがあるとは、全く知らなかったので、ダブル・ラッキー♪
まさに、さわやかタルトで、ご満悦、でした(^^)v

そして、先ほど、伯父が届けてくれた、こちら。
はまさき
はまさき。

じゅわじゅわじゅわっと果汁があふれるくらいにみずみずしい、
これまた甘さと酸味のバランスがいい、大きくておいしいみかん!

この伯父は、
「つまらないものですが・・・」と手土産を差し出すお客様に
「つまらないものなら、持ってくんな」と言ってしまうような、アバンギャルドな人。笑。

なので、伯父が、
「これ、うまいぞ~!」と持ってきてくれたので、
期待していたら、その通りでした(^^)

でも、幼いころから「つまらないものなら・・・」のフレーズをたびたび聞いていた私。
そりゃそーだ!と幼心に思い、
謙虚、という言葉を知るようになってからも、
「つまらないものですが・・・」のフレーズは、やっぱり、何かおかしい、と思うのです。

まぁ、最近では、そこまで聞かなくなったフレーズではありますが、
「つまらないもの」と称されてしまったものが、かわいそうにも思うし、
「つまらないものですが・・・」と言っていただいても、
私は何も嬉しくありません。

伯父のように、
「うまいぞ~!」と言ってくれたり、
「私はこれ、大好きなんで、きっと気に入ってもらえると思います!」
などと言ってもらった方が、ずーっと嬉しい。

なので、手土産や差し入れを持っていく時は、基本的に
①「自分が好きなもの」
②「相手が好きだろうと想定できるもの」
③「胸を張っておススメできるもの」
この3つに該当するものをお持ちするようにこころがけています。
3つ全部は無理でも、せめてひとつは該当するものを、と。

今日、かつて、その伯父に「つまらないものなら、持ってくんな!」と言われ、
手土産を手に、たじたじしてしまった銀行マンを、
幼いながらも「ほんとだよ」と心の中で毒づいたことを思い出した私でした。笑。

きょうの香り・・・「奥行きがある、深い大人のお花の香り」
バラ泥棒 × 青いスミレ(ともに、ラルチザン・パフューム)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

kotono says...""
そうそう、まさにその通り!おじさま最高!
お勧めされた棗バターおいしかった~。ありがとね!
2012.03.15 11:00 | URL | #- [edit]
shizuno says..."kotonoさま"
伯父、いいでしょ~
年取って、ずいぶん丸くなったけど、
普通に話してるだけなのに、びくびくしちゃう人もいたんだよね。笑。

棗バターおいしかったでしょ!!
あれは絶品なんだから~!
それこそ、手土産に間違いなし!(男性は苦手な人もいるかもだけどね)
2012.03.15 12:04 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lalunabianca.blog69.fc2.com/tb.php/701-57f15426