tsuki no kobanashi

ソプラノ 和田静乃の日々をつづります
MENU

普通は個性

先日書いたことの続きのようになりますが、
やっぱり「引き寄せの法則」っていうのはあって、
「自分の普通は、他人の普通じゃないんだな~」なんて思っていると、
またそう思わさせることが起こったり、
ふとした会話に、そんな内容が入りこんできたりするもの。

今日は、そんなことばかり感じる一日でした。

そして、ふと思いました。

「普通は個性なんだな」と。

「普通」と「個性」って、まったく別物のような単語ですが、
「個の普通は個性」だとは思いませんか?

わかりやすく言えば。

日本人の私たちにとって、
電車の時間が正確なのは普通だし、
店員さんのサービスも、良くて普通(当たり前)。
だから、電車の時間がちょっと遅れただけで「遅れてる!」と焦ったり、
店員さんのサービスが悪いと、カッチーン!と来たりしますが・・・
これ、海外に行ったら全然「普通」じゃないんですよね。

日本の「時間の正確さ、サービスの良さ」は、日本の個性、ともいえますよね?

つまり、その人が「普通」と思いこんでることや、
その人が「普通」にやっている振る舞いが、
実は、その人の個性なんだと思ったのです。

「あの人には個性がない」
・・・なんて表現をよくしますが、
そんなことは、ありえないわけですね。

再び、日本人を例に出せば、
「日本人は個性がない、みんな同じ格好をしている」なんて言われますが、
「みんなと一緒が好き」なのが、一般的な日本人の個性なんですよね。
でもそれは、とらえ方を変えれば、
「協調性がある、調和を重んじる」とも言える。
そう考えると、それもアリか、と思えたりします。

「自分のものさし」が大きく、柔軟な人は、
多くの人の「普通」、つまり「個性」を尊重することができる人。
多くの人と関わり、受け入れることができる人は、
懐が深く、強く、大きい人、とも言えると思います。
そういう人は、安定しているし、穏やか。

やはり。
私は、そういう人になりたいのだ、と今日、強く思いました。
まだまだ道のりは長そうですけれど。

きょうの香り・・・「今日のテーマはカラフル!」
ラルチザンの水 × 私のミモザ × ちょうちょをつかまえて(すべて、ラルチザン・パフューム)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lalunabianca.blog69.fc2.com/tb.php/737-46099e15
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。