tsuki no kobanashi

ソプラノ 和田静乃の日々をつづります
MENU

金環食LIVE!

ずいぶん前にも書きましたが。

私は、中学生の時から、Dreams come trueのファンです。
厳密にはデビュー当時からではないのですが、
ほぼデビュー当時からのファンなのです。

1990年にリリースされたアルバムの中に、
「時間旅行」という曲があり、
こんな詩が歌われています。

指環をくれる?
2012年の金環食まで待ってるから とびきりのやつを
忘れないでね


当時、2012年なんて、すんごい先だーと思っていた私ですが、
とうとう、その日が明日、なんですね。
22年も前に、こんな詩を書いている美和ちゃん。
すてきです。

今日はそんな彼らの、金環食ライヴでした。
やはり、私と同じように、昔からドリファンのwakaと一緒に行ってきました。
私は、そういう場所でも歌いまくります。笑。
懐かしい曲も色々ありましたが、
若い時に覚えた歌は、忘れてない。笑。
これは・・・日ごろ歌っている歌もそうでありまして・・・
半年前に覚えて歌った曲はすぐ忘れるのに、
受験生の時に勉強した曲は、しっかり覚えている・・・

それでも、暗譜をくりかえしている私たちは、
そういうことをしない人たちよりは、記憶力の訓練ができているのでしょうけど、
今日、普通に歌える自分に、
やっぱりそうか・・・と思ったのでした。

高校1年生の時、
初めて行ったDreams come trueのライヴ。
あの時も、今も、同じように感激し、楽しめる彼らのライヴ。
ファンをあきさせず、熱狂させるアーティストたちは、
ドリに限らず、頭も、心も、身体も、フルに使って、
ものすごい努力をしているんだろうなぁ、と思います。

毎回、すごくよかった!楽しかった!次が楽しみ!と思って帰ってくるのですが、
実は、それってすごいこと。
当たり前のようで、全然当たり前なことではありません。

もちろん、才能やセンスがものをいうところもあるけれど、
それだけでは、ダメ。

ジャンルは違うし、
スケールは全然違うけれど、
「いらしていただいたお客様に、しあわせになって帰ってもらいたい」
私が、本気でそう思って舞台に立っているのも、
彼らの影響が大きいかもしれません。

今日、色々な意味で参考になる部分も多くあり、刺激を受けて帰ってきました。
ただ、純粋にドリが好き、というだけでなく、
舞台に立つ人間として、本当に彼らを尊敬しています。

きょうの香り・・・「さらっと風のように」
ジュニパー・スリング(ペンハリガン)× ジャタマンシィ × ナヴィガー(ともに、ラルチザン・パフューム)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lalunabianca.blog69.fc2.com/tb.php/769-8596a637
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。