tsuki no kobanashi

ソプラノ 和田静乃の日々をつづります
MENU

恒例の

今日は、年に一度の、母校での邦楽教室でした。
2012邦楽教室
尺八の真玉和司先生と、母(筝)、そして私の3人で、
50分授業のヒトコマでレクチャーコンサートをし、
その後、お筝や尺八に触れる体験授業をします。

かれこれ・・・もう10回近くさせていただいているかな?

対象は中学3年生。
今年の中3は人懐っこいのかな?
もちろん個人差はあるでしょうけれど・・・
ここ近年では、一番話しかけられた気がします。

コンサートはとても静かに聴いてくれましたが、
体験授業となったら、まぁ、にぎやかなこと(^^)!

私は、非常勤で母校に講師として行っていた時も、
にぎやかなクラスの方がやりやすかったし、楽しかったので、
なんだか、今日は面白かったです。

そして、先日、同窓会があったこともあり、
「私たちもこうだったっけな~」とか、
「ああ、私たちの時もいたいた、こういう子」とか、
「そうそう、女の子って集まるとこうだよね~」とか、
色々思いだしたりしながら見ていました。

実際、彼女たちよりも、彼女たちのお母さん方との方が歳が近いでしょうから(@_@;)、
まったく世代は違うわけですが、
今も昔も変わらない共通点を見つけられるのって、
やはり、学校のカラーなのでしょうか?

それにしても、私は、いたる所で母校とつながっていますねぇ。
卒業はしたはずなのに・・・笑。

でも、きっと、母校が好きだと思えて、
つながっていられるということは、これもしあわせなことなのでしょう。

音楽科の先生方、
中学3年生のみんな、
今日はありがとうございました!

きょうの香り・・・「本番の日は“ちょうちょ”を飛ばしたくなるみたい(^^)」
バラ泥棒 × ちょうちょをつかまえて(ともに、ラルチザン パフューム)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lalunabianca.blog69.fc2.com/tb.php/788-ee723386
-
管理人の承認後に表示されます
2012.06.10 03:09
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。