tsuki no kobanashi

ソプラノ 和田静乃の日々をつづります
MENU

明日、創刊!

私の初めての試み、メールマガジン。
いよいよ明日、創刊です!

私のメールマガジン「月乃小噺」は、
自分の世界を広げるために始めよう!と、創刊を決意しました。

私の音楽活動を中心に配信するものではありますが、
「次も楽しみだな!」と思っていただけるようなものできるよう、
頑張ります!
まぁ、初めてのことですので、
少しずつ、ですが・・・^^;

中には御世辞や、社交辞令もあるかもしれませんが、
私はもっと人に知られるべきだ、と言っていただけることが多々あります。
私も、前に出られるようでいて、
大事な時に「いやいやいや、私なんて・・・」と引っ込んでしまう人・・・
オーディションやコンクールにめっぽう弱いのは、
そこが出てしまうのが大きな原因のひとつだとも認識しています。

またそれも実力で、
そこを勝っていかなければ!というのも事実。

でも、できない・・・そこが自分でも情けないところです。

そんな私に、数々のクラッシックコンサートに携わり、
NHKのクラッシック番組の仕事や、コンクールの仕事なども手掛け、
歌のこともよくわかっている友人が、Il Concertinoに来てくれた時、
真剣に言ってくれました。

「和田さんのこのコンサートは、絶対いい。
こんなことしてる人、そうそういないよ。
これは、もっと知られなきゃいけないよ。」

また、凛音-rion-のコンサートの時もそうでした。

「こんなにいいことやってるのに、なんでこんなに小さな会場なの?!」

それも、歌をよーく知っている、ソプラノの友人の一言でした。

そして、Triangleもそうです。

「Triangleだったら、企業のパーティーにだって呼んでもらえるはず!」

それも、音楽界をよく知った人の一言でした。


このままでいい、なんて、微塵も思っていません。
「有名になりたい」というのと、紙一重かもしれませんが、
「有名になりたい」というより
「常に歌える環境を作りたい」のです。

そのために始める、最初の手段がメールマガジンです。

メールアドレスは個人情報なので、
メールマガジンは勝手に送りつけることはできません。
受け取り側の希望があって、初めて送ることができるもの。

どのくらい広げることができるかはわかりません。
でも、これを始めることによって、小さな一歩を踏み出すことには変わりないと、
自分では思っています。

自信があるわけではないのですが、
私の活動を是非応援していただきたく、
このページのフォームからお申込みいただければ、幸いです。

これから下書きしてある創刊号を修正し、
明日メールマガジン「月乃小噺」創刊いたします!

きょうの香り・・・「さわやか、のひとこと」
ひと夏の紅茶(ラルチザン パフューム)× ハーバ・フレスカ(ゲラン/アクア・アレゴリア)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lalunabianca.blog69.fc2.com/tb.php/821-f51fc23e
-
管理人の承認後に表示されます
2012.07.11 11:23
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。