tsuki no kobanashi

ソプラノ 和田静乃の日々をつづります
MENU

心豊かになれるもの

先日。

お客様用に、と、背の低いグラスを探しに、
表参道の和食器のお店、うつわのみせ大文字へ。

ここは、以前からよく伺うお店のひとつ。
食器に目がない私は、先日ご紹介したmaduも大好きですが、
大文字も大好き。

お店に行くと、以前、このお皿たちを購入した時に、
商品の説明を丁寧にしてくださったスタッフさんがいらっしゃいました。
大文字
(このお皿のことは、2011年9月15日のブログにちょこっと書いています)

私のことを覚えてくださっていたかどうかは別として、
今回も、またものすごく丁寧に、ガラスについてお話してくださいました。

色々なお話を伺ったうえで、
デザインや大きさも気にいったものを「ひとつ」購入しました。

お客様用に、という話はもちろんしていたのですが、
急ぎでないのなら、一度に何客か揃えるのではなく、
とりあえずひとつ購入し、自分で使ってみて、
それでよかったら揃える方がいいのではないかと勧めてくださったのです。

そんなひとつを持ち帰り、早速、使ってみました。

薄張りで、繊細なそのグラスは、
確かに、使うのに気遣いが必要とされるけれど、
そのグラスで飲み物を飲む時、唇にあたるそのガラスの感触が、
なんとも、よいのです。
また、飲み物に氷を浮かべると、その氷のあたる音が、また心地よい。
初めて使ったその瞬間に、このグラスが大好きになりました。

夜、お風呂上がりにこのグラスで冷茶を飲むのが日課に。
もちろん、今日も。
カルクール

もし、お客様用、ということで、
普通に何客かを一度に購入していたら、
「お客様用だから」と、まず自らが使ってみる、ということはなかったかもしれません。

でも、自分で使ってみることによって、
そのものの良さや、自分との相性がよくわかりましたし、
「大事にしたい」という思いも芽生えました。

もちろん、ここまで気にいったわけですから、
6客購入することに決めたのですが(我が家では、揃えるものは6客揃えます)
先に購入したこのひとつは、このまま私用に使おうと思います。

実に「買い物にはコミュニケーションが必須」の私。
今回お世話になった方とも(お名前を伺うべきだった(>_<)!)
ひとつのグラスを買うのに、なんと一時間以上。笑。
やはり、営業妨害・・・^^;?

でも、そのおかげで、またここで、私の心を豊かにしてくれるものと出会えました。

きょうの香り・・・「やさしい夏」
ひと夏の夕暮れ × ジャタマンシィ(ともに、ラルチザン パフューム)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lalunabianca.blog69.fc2.com/tb.php/827-8145c89b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。