tsuki no kobanashi

ソプラノ 和田静乃の日々をつづります
MENU

人間だけでなく、生命のあるものはみんな、
約束されていない未来に向かって歩いています。

どんなに健康でも、明日、事故にあってしまうかもしれない。
逆に、
重い病気を持っていたとしても、長く生きることができるかもしれない。

まさしく、
私たちの未来は、神のみぞ知る・・・

でも、私たちの多くは、
未来があることを当然のように思っています。
明日がある、来年がある、数年後がある・・・と思いこんでいます。

誰も、確証できない未来を、確証できることのように、信じています。

何かに希望を持って、明日を信じることは、いいことだと思います。
でも、
当たり前のことのように明日を待つのは、違う気がするのです。

私たちが生きていることだって、当たり前のことではないはず。
ものすごい確率で生命をもらって、
今、ここにいるということを、私たちは忘れてはいないでしょうか。

明日を待つ前に、
今を生きること。

「いい一日だった!」と一日を振り返り続ける、小さな積み重ねが、
最終的に「いい人生だった!」と最期を迎えることになるのではないかと思うのです。

大仰かもしれません。
でも、そんなことを考えずにいられない今日でした。

「やりたい!」と思うことは躊躇しない。
「行きたい!」と思う所へは、どんどん出向く。

かっこつけずに、ただ、素直に。

きょうの香り・・・「いい香り!とほめられました(^^)v」
ボワ・ディリス(ザ・ディファレント・カンパニー)× 聖なるベチバーの心(ラルチザン パフューム)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lalunabianca.blog69.fc2.com/tb.php/923-984c77d2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。