tsuki no kobanashi

ソプラノ 和田静乃の日々をつづります
MENU

イタリア旅行記・11月12日

11月12日(月)晴れ。

この日は、ローマへ移動。
今回の旅行も、いよいよ大詰め。
ツアーなのに、大都市の観光は最終日のローマ、
それも半日だけ、というのがすごいところ。笑。

私は、最後の最後に、
ローマで聴けるロッシーニの小荘厳ミサを、それはそれは楽しみにしていました。
コンサートは21時開演だったので、
それまでは、ローマ観光!
・・・と言いたいところですが。
私は、買い物三昧(^o^)丿
ローマは以前行った時に、たーっぷり観光しましたし、
今回は、頼まれものもありましたし、
何せ、時間が三時間ほどしかなかったので・・・
腹をくくって、スペイン広場周辺へ。

私たち、お買い物チームは、まず、腹ごしらえから。
お昼を食べておらず、お腹ぺっこぺこだったのです。
この時点で、午後3時。
なかなかいいチョイスでお店を選び、
メニュー選びも冴えてました(^^)v
そして、行動開始!!

あーでもないこーでもないと、
大騒ぎしながら買い物をし、
気づけば、もはやホテルに戻らなければいけない時間\(◎o◎)/!
これぞ、日本人、をやってしまった気もしますが、
やはり、女性はね~お買い物は大きなひとつの楽しみなわけですよ!
実際、ものすごく楽しかったです♪

そして、今回のローマのメイン、コンサートへ!
会場となったのは、Sala Santa Cecilia。
Sala Santa Cecilia
なんでも、2002年にオープンした、
「音楽公園」の中の大ホールが、Sala Santa Cecilia。
なんと、坂本龍一さんがライヴをした会場らしいです\(◎o◎)/!

この施設、ほんとにとても素敵でした。
http://www010.upp.so-net.ne.jp/architurismo/architurismo/citta/roma3.htm

そして・・・

この期待していたコンサート・・・
期待以上でした!!!
本当に素晴らしい演奏で、大感激でした。

また、日本では考えられませんが・・・
マエストロ(指揮者)が、指揮台に立つなり、話し始めたのです。

ロッシーニを演奏する前に、
10月末にお亡くなりになった、マエストロのご友人の作品を演奏したい、と。
そして、その曲の説明を始めました。
この曲自体は、華やかなファンファーレのような曲ですが、
弦楽器はやわらかく流れるように美しい、とても素晴らしい曲・・・
・・・私のイタリア語力が確かなら、汗、
そんなお話でした。
小荘厳ミサについても、少し、説明がありました。
アカペラの部分もありますから・・・咳にお気をつけくださいね、なんて、
しっかり笑いもとったりして。

そのマエストロの、イタリア人らしい、明るくて人懐っこい雰囲気が、
とても音楽に現れていました。
ホールの響きももちろん影響があるかとは思いますが、
音が、まあるくて、優しいのです。
でも、輪郭はくっきり。

合唱もよかったし、
4人のソリストも、とてもよかった!!!

コンサートで、音楽の説明をするなんてナンセンス、と思われる方もいらっしゃるでしょう。
でも、私も「わかってもらいたい!」という思いでMCをしているので、
彼の姿勢にはとても共感できました。
あのお話で、舞台上と客席との距離がぐっと近くなった感じもしましたし、
やっぱり、こういうの大事と思う!と実感できました。

そして、やっぱり、ロッシーニって好き!と思えた夜。
このコンサートに行けて、本当によかったです。

ホールを出ると、何故か、レッドカーペット。笑。
帰り道

一緒に行った5人組で、喉が渇いたね!と、
素敵なバーへ入り、ローマで大人の夜遊び体験!
おとなの・・・
このラウンジ、とっても素敵でした。
コンサートに行く前に前を通りかかり、
「素敵だけど、終演後には終わっちゃってるよね~」
・・・なんて話していたのですが、
さすが、夜の長いイタリア、普通に営業中でした!

私がオーダーしたのは・・・
ロッシーニと言う名の
ロッシーニ、という名のカクテル。
ベッリーニ、というカクテルは聞いたことあるけど、
ロッシーニ、というのは初めて。
ロッシーニを聴いた夜だし、これを飲まない手はないでしょう、とオーダーしたら、
なんとも女の子らしい、イチゴ味のショートカクテルでした。
どのあたりがロッシーニなんでしょうね?笑。

「こんなお店、東京にもあったらいいのに!!」

みんな口々にそんなことを言っていました。
一杯8ユーロ程度で、飲み物をオーダーしただけで、
カマンベールとトマトのオードブルや、ナッツなど、
それなりの軽食がついてくるのにはびっくり!
こういうの、いいね~!と、みなさん大喜びでした。

日本へ帰国するのを目前に、
ローマで大充実の時間を過ごし、
翌日、日本への飛行機に乗りこんだ私たちでした。

11月12日の香り・・・「オレンジで」
ビガラード・コンセンテ(フレデリック・マル)× マンダリン(ラルチザン パフューム)

きょうの香り・・・「もう大好き!」
ジュニパー・スリング(ペンハリガン)× ナヴィガー(ラルチザン パフューム)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lalunabianca.blog69.fc2.com/tb.php/948-362cb3d1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。