tsuki no kobanashi

ソプラノ 和田静乃の日々をつづります
MENU

今年も

今年も、残すところあとわずか・・・

コンサートは、今週末のトライアールでのTriangleのコンサートを残すのみとなりましたが、
それが終わっても、私の2012年は終わりません。

ずっと手つかずになっている、譜読みを頑張らないといけない、というのもありますが、
毎年恒例の、年末行事、
「のんびりやさんのサンタクロース」が待っているのです。

これは、私のちびっこ生徒たちの、ミニ発表会。
我が家のレッスン室で行います。

毎夏の「ひまわりコンサート」は、
会場をお借りして開催しますが、
「のんびりやさんのサンタクロース」は、お楽しみ会的なもの。
それでも、ひとり2曲のノルマです。(やっぱりそこは譲らないらしい)

全員ソロと連弾を1曲ずつ。
今回、ソロは無理なく「今」のレベルのものを弾いてもらいますが、
連弾は現段階のレベルのものよりずっと難しいものに全員が挑戦しています。
いや・・・
先生が「思いつき」の人で、
あまりレベルを考えずに提案してしまったから、というのもありますが、
音もリズムもかなり難しいのです。

でも、みんな、苦しみながらも、ものすごく頑張っています。
やっと光が見えてきた子たちが多数。

なぜ、そんなに頑張れるのか。

それは、自分で選んだ曲であるということ、
そして、その曲がクリスマスソングだということも大きく起因していると思います。

そう、今回の連弾曲は、オール・クリスマスソング。

当日はクリスマスの後ですが、
練習に励む期間は、あちこちでクリスマスソングを聴く時期ですから、
ある意味では、ジャスト、なのです。

私が一緒に弾くことで、雰囲気を作り、リズミカルにしてあげて、
最終的には、楽しく弾く、が目標!

ジングルベル、あら野のはてに、赤鼻のトナカイ、きよしこの夜、
サンタが街にやってくる、おめでとうクリスマス(We wish a Merry Christmas)など・・・

連弾の相手も、結構それなりに難しいのですが、
私自身、みんながどのくらい伸びるか、楽しみにしています。

発表の場のキーワードは「ちょっと背伸び」
ちょっと背伸びして頑張った後には、
充実感と達成感、そして、ピアノの上達、感性の発達が待っています!

さぁ、みんな、がんばれ!!!

きょうの香り・・・「ネイビーを着たら」
ジュニパー・スリング(ペンハリガン)× ナヴィガー(ラルチザン パフューム)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lalunabianca.blog69.fc2.com/tb.php/966-898a07f4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。