tsuki no kobanashi

ソプラノ 和田静乃の日々をつづります
MENU

ありのままの自分で

最近、ことに思うのは、
ありのままの自分で頑張ることが大切だということ。

自分に素直になって、
「やりたいな」と思えることにはまっすぐ向かい、
「こうなりたいな」と思える対象に近づく努力をしたい。

ありのままの自分でいるということは、決して自分にあきらめることではなくて、
多分、ちょっとだけでもいいから自分を認めてあげて、
「これが私です!」と生きること。

自信満々に、ということではなく、
ただ普通に、目線をちょっと斜め上にするくらいで生きること。
うつむいているより何倍も広いその視野には
自然に色々なものが飛び込んでくる。

きっとそれが「自分にアンテナを張る」ということ。

情報が入ってくれば、
自分の目指すところが見えてくる確率は高くなるし、
自分の選択眼も鋭くなっていくはず。

取捨選択が上手になって、
目指す対象が見えてきたら、
自分を向上させたい!という思いが強くなって、
きっと、おのずと頑張れる。

ものすごい確率で得ることができた人生だからこそ、
「自分」でいることをまず大事にし、
そんな「自分」をよりよくするために、努力する。

多分、それが「自分を生きる」ということ。

きょうの香り・・・「ニットのイメージで」
ゼラニウム・プー・ムッシュー(フレデリック・マル)× ジュニパー・スリング(ペンハリガン)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lalunabianca.blog69.fc2.com/tb.php/975-4a9b2fab