tsuki no kobanashi

ソプラノ 和田静乃の日々をつづります
MENU

La prossima vol.12 音楽が香るとき

先月末、約2年ぶりに開催したソロコンサート「La prossima 」。
気づけば、ソロコンサートも12回目でした。
ここまで続けて来られたのも、応援してくださる皆様のおかげです。
本当にありがとうございます。
今回、ホールは取れたものの、いつものようにすぐにコンサート案が思いついたわけではありませんでした。
もう、ほんとに色々やってきましたから、新しい何かをしたいと思うと、それはそれでなかなかに大変なことなのです。
どうしよう、ほんとにどうしよう、、
私は何がしたいんだろう、、
と考えあぐね、
「!!!!!」
と思いついたのが、香りでの演出。
大好きな歌に似合う香りを選んで、
大好きな香りをお客様に紹介しながらコンサートできるなんて、
私にとってそんなしあわせなことはない!!
そこからはものすごい速さで色々決まりました。
もちろん、プログラムもあっという間に!
プログラムを「花」「空」「木」「風」の4部構成にして、
それぞれ3曲ずつ曲を選び、衣装もそれぞれの部で着替えて、4着着ることに。

「花」の部で着た、白ドレス。
花はやはりピンク系かな?と思っていたのですが、この部で選んだ香りは、白いお花のブーケの香り。
華やかさというよりも、お花を献呈するような、清楚で透明感のある香りでした。
そんな香りには、白ドレスしかない!と、昨年のウェディングコンサートで着たこちらにしました。

「空」の部で着たドレス。
まさに空色!というドレスもいいかと思ったのですが、実はそういう色は手持ちになく(⌒-⌒; )
こちらも、香りのイメージからドレスを選びを。
羽根のような柄もイメージに合うかな?というのもありました。
白ではじめて、白に絵を描いた、というようなのもいいかな?と。
そして「木」の部で着たドレスは完全に写真を撮り忘れました(-∀-`;)
こげ茶にネイビーやブルーの柄が入った、長袖のゆったりしたドレスは、大木のイメージ?笑。
きらびやかなドレスではないのですが、かえって新鮮だったという評判です。

そして、最後の「風」の部で着た、玉虫のドレス。
香りもドレスも、風が一番悩みました。
何色、と言えない、つかみどころのない……
そんなイメージで選びましたが、ドレスに関しては、「風になびくような」柔らかい素材のもの、というのも決め手になりました。
さて、肝心の香り、ですが。
今回、素晴らしいサポートをいただきまして、ちょっと長くなりますので、また改めて。

というわけで

iPhoneからこんなに簡単に更新できることに、
なんでもっと早く気付かなかったんだ!
…と今さらながら思っている私ですが、
こうなったら何から書こうかな、とも思っているわけです(´・∀・`)
先月末のLa prossimaのレポから?
とは思うのですが、その前に…
次の公演が迫っておりますので、その告知をさせてくださいませ!

今月末、2月28日(日)に、
私のホームホールとも呼ぶべき、鶴見のサルビアホール・音楽ホールで、
「Spring has come ! 凛音-rion-とその仲間たち」
…と題し、ソプラノ・坂本まりかちゃんとのユニット、凛音-rion-のコンサートを開催します♩
今回、私たちの「仲間」としてお招きするのは、
チェリストの野村奈美さんと、ピアニストの久保真知子さん。
ピアニストと真知子ちゃんは、一昨年、Le amiche!!!と題し、同窓会的コンサートをした時にもお願いした、ピアニストさんです。
年齢も学年も1つ違いですが、学生の頃からとても優秀だった真知子ちゃんは、
私の友人の伴奏をしていて、そこでお友達に。
彼女は、学内オーケストラとともに演奏旅行に出られるような人で、
そこで今回お願いしたチェリストの野村奈美ちゃんとも仲良しになったのだとか。
私は、野村さんとは今回はじめましてですが、
なんだか、はじめましてとは思えない温度。 
チェロの入れ方も色々考えてくれて、同じ方向を見てくれる、そんな方です。
さて、今回は、2月末ということで、
第一部は、春爛漫!な雰囲気で、
日本の春の曲ばかりをたっぷりプログラミングいたしました。
ほんっとに素敵にアレンジされた、皆様におなじみ曲の春の歌も!
第二部は、映画音楽やミュージカルナンバーの数々を。
凛音-rion-のアカペラももちろんございます♩
日本の歌はたくさんあれど、クラッシックは一曲もない、というコンサートですが…^^;
気持ちを楽にして聴ける、音楽っていいなぁって素直に思っていただける時間を目指します!
2月28日(日)14:00に(開場は13:30です!)
JR京浜東北線「鶴見駅」からも京浜急行線「京急鶴見駅」からも、すぐ!の
 サルビアホール・3階 音楽ホールにて
皆様をお待ちしております♩
チケットお申し込み、お問い合わせは、
lalunabianca2007☆yahoo.co.jp 
→☆を@に変えてメール送信してください!

iPhone から

今さら…ですが、、、
iPhoneからブログが更新できることを知り、やってみています。
これができれば、毎日更新…とまではいかなくても、こまめに更新できるかも?!(何度そんな発言をしただろう…)
パソコンもiPhoneも使いこなせているように見せかけて、全然な私、ここから写真も問題なくアップできれば、またブログ頑張ります!(できなかったら、、頑張れるかな^^;)
先月末のLa prossimaのレポもしたいところですが、実験的に今の私のツメをアップしてみます!
もう2月も半ばですが、乳白色のマットコートに絶対雪の結晶のペイントが可愛い!とお願いしちゃいました。
けど、マットコートは汚れがつきやすいのだなぁ…(-∀-`;)
そして、手が荒れ荒れですねん…(-∀-`;)(-∀-`;)(-∀-`;)

La prossima... vol.12 音楽が香るとき

すっかり告知したつもりで、告知していなかったのですが・・・
今月末、1月31日(日)に鶴見駅前のサルビアホール・音楽ホールで、
約2年ぶりとなるソロコンサートを開催することになりました。

今回の大テーマは「目に見えない大切なもの」
私が愛してやまない「音楽」と「香り」で、優しく心地いい時間を作ります。
コンサートを「花」「空」「木」「風」の4つのカテゴリに分け、
それぞれの香りをご紹介し
その香りを感じて頂きながら、コンサートを展開します。
実は今回、とても、とても光栄なことに、
某香水ブランドのご協力を得られることとなりました・・・!
本当に素敵なブランドで、
協力していただけることがわかった時は小躍りしてしまった私♪
当日、ホワイエにテスターもご用意できる予定です。

肝心な音楽も、だーいすきな曲ばかり、全13曲、
クラッシックだけでなく、誰もが口ずさめるような曲も歌います♩

4つの香りは、香り好きな方だけでなく、香りに興味ない方、
はたまた、ちょっと嫌悪感を持っている方も、
香りっていいなぁ!と喜んでいただけるような素敵な香りばかりご用意します。

ぜひぜひ、おでかけくださいませ!
そう!もちろん、恒例のしげちゃん製作によるお菓子のお土産つきです♡

『La prossima...vol.12 音楽が香るとき』
日時:2016年1月31日(日)15:30開場 16:00開演
会場:横浜市鶴見区民文化センター サルビアホール・音楽ホール
入場料:全席自由 一般・3,000円 小学生以下・1,500円
0001_convert_20151116123131.jpg

せめて 4

せめて、の最後は、ソプラノ崔岩光さんの
12月9日椿山荘ディナーショー、
そして、
その「翌日」(!)からの飛鳥Ⅱについて。

椿山荘に関しては、すみません、写真撮ってるどころではなく、
本当に一枚も写真がございません<(_ _)>

椿山荘、という老舗ホテルで、
崔さんのお手伝いをさせていただくのも、4回目。
今回は、プロデューサー兼、本番中はMC(ナレーション)というお役目。

もちろん、たくさんの方たちに助けていただいたからこそ、
本番も無事に終えられたわけですが、
終えられてよかったー!というのが、正直なところ。

そして、ほっとする間もなく、
飛鳥Ⅱ乗船・・・!

今回は12月10日横浜~12月24日オークランド(ニュージーランド)の乗船。
お客様は、3月半ばまでの、南半球ワールドクルーズ、です。
南極にも行くのだとか!

飛鳥Ⅱは、今回で5回目でしたが、
初回から3回目までは、ひどく船酔いし、苦しい思いをしたので、
今回も前回同様、船酔いしませんように・・・!というのが、
まず一番の願いでした。

そこ?!と思われるかもしれませんが、
酔ってしまうと、本番どころじゃなくなってしまうのです。
もちろん、今までもそれなりにはやってきたわけですが、
酔わないのと酔うのとでは、
天と地、どころか、天と地下奧深ーく、くらいの差。

おかげさまで、崔さん一行で酔わないだけでなく、
酔い止めいらずだったのも、私だけでした(*^^)v
乗船した翌日、台風の影響で海は大荒れ、
クルーの方たちも「久々にあんなに揺れましたね~・・・」とおっしゃるほどだったのに!

あんなに酔って、船内で注射までしてもらった人が・・・!
もともと、三半規管が弱く、乗り物酔いしやすい人なのに、
もう飛鳥Ⅱは大丈夫!と思い込むこともできそうです。

そして、コンサート。
12日、15日、21日の3回公演で、
全公演のコンサートMCと、
15日と21日は、崔さんの二重唱のお相手をさせていただきました。

image1 (5)
15日は日本の歌を3曲(うち、1曲はアンコール)、

image1 (2)
21日は、昨年の私の結婚披露コンサートで二重唱した2曲を。

ドキドキはしていたものの、
しっかりしなくっちゃ!という思いが強く、
なんだか、自分でも驚くほど、
いつも以上にどっしりと落ち着いていたような気がします。笑。
逆境に強いのか、
頼られると強くなるのか・・・

それにしても、
崔さんの申し出で、今回のように、
二重唱のお相手をさせていただけるようになったんだ・・・と思うと、
とても感慨深いものがありました。

お客様にもたくさん声をかけていただいて、
嬉しいご感想もたくさんいただいて、
カーテンコールで「しーちゃーん!」と声援をくださる方もいらして、
本当にかわいがっていただきました( *´艸`)

次回はあるのか、
あるとすればそれはいつなのか、
それはわかりませんが、
どんな状況でも、どんな体調でも、
自分の歌が歌える奏者でいられるよう、
これからも精進しよう!と思いを新たにした乗船でした。

関係者のみなさま、
飛鳥Ⅱのお客様、
本当にありがとうございました!

せめて 3

久々に徒然に書いているので、
変な投稿の仕方ですみません<(_ _)>

せめて、というタイトルですが、
もう8回目となる「歌とお菓子のChristmas」は、
せめて、しっかり書きましょうか。
image3_convert_20151226232053.jpg
前回から、テーマを決めて、
お菓子とコンサートをそのテーマで結ぶようにしています。
今回のテーマは「りんご」でした。
私も赤いドレスをきて、まさに「りんご」に。笑。

今回の1回のコンサートのために、
「りんごちゃんと魔法の木」というお話を書き、
そのお話を朗読しながら、約1時間、全12曲のプログラムを歌っていきました。

自分で書いてるくせに、自分で書いた物語に胸いっぱいになってしまうという、
まだまだ青い私です。苦笑。

ただお話を書く、というのではなく、
そこにオリジナルでもなんでもない、
クラッシックだったり、スタンダードだったり、クリスマスソングだったりを入れ込んで、
お菓子のエピソードと、お客様と一緒に歌えるシーンを入れ込む・・・という、
なかなか高度(私には)なことをしているのです。

そして、やっぱり言葉が好きなんだな・・・と感じています。

私のお話の中に、アップルパイが登場したのですが、
今回のメインのお菓子は、スティック・アップルパイでした!
image2+(2)_convert_20151226231838.jpg
食べやすく、おいしいアップルパイ!
お客様にも、大大好評でした!!

このほかに、クッキーやメレンゲ、そして、毎年恒例の・・・
image3+(2)_convert_20151226231910.jpg
ケーキポップスも♩
顔が年々可愛くなっていく・・・( *´艸`)!

ブログでもご案内した、ご予約販売のアイシングクッキーも、
あっという間にご予約完売でした!!
2015豁後→縺願藷蟄・3_convert_20151018223227

しげちゃんと私とのコラボも、
8回目となると、さらにいろいろ見えてくるわけですが、
回を重ねるたび、
本当に大事なものへの思いが似てるふたりだな、という思いを新たにします。

ふたりとも、自分のペースがあるのですが、そこもすごく似ています。
「!」という思いつきを大事にはするものの、
納得いくまでは、テコでも動かない。

そんなふたりだから、続いているのかな~とも思ったり。
小さな会ではありますが、それでも続けるのにはエネルギーが必要ですからね~

次回は2016年12月18日(日)です。
さらにクリスマスに近くなります!
実は、もうテーマも決まっているのです^m^

今から楽しみだなぁ!

せめて 2

11月の最後の日曜日には、
毎年12月の最後の日曜日に開催している、
レッスン室でのプチ発表会を一か月前倒しして開催しました。
いつもより一か月早く仕上げるのは、
大変なことでしたが、
みんな、ほんとによく頑張りました。

みんなが楽しそうで、のびのびしているのが、
私の生徒たちの特長です。
小さなことは気にせずに、楽しく弾く。
先生のカラーだよね~とはよく言われますが、
ひとつ、どんな先生にも負けないな、と自負しているのは、
生徒たちに愛情を持っているということ。
生徒として、というよりも、
人として接しています。

上手になることよりも、
まっすぐがんばれること、あきらめないこと。
間違いなく弾くことよりも、
音楽を感じて、気持ちよく弾くこと。

レッスンのたびにぽろぽろと泣いて、
本当に間に合わないかと思った子が、
最後のレッスンと、本番当日は
「せんせー!れんしゅうして、じょうずになったよー!」
と、にっこにこでやってきて、
本当に、信じられないくらいよく弾けました。

「やればできるんだから、もっとはやくからやればいいのに!」

・・・なんて、私は言いません。

小さな子どもたちにだって、自分のペースがあるんです。
本番に間に合えばいいんです、ぎりぎりセーフだっていい。
「がんばれた!」と実感できることの方が、私は大事だと思っています。

image1 (4)
背の順は狙ったわけではありません。笑。

せめて


ずっと更新してなかったブログですが、
簡単なコンサートレポートをまとめて。

えっと、ほんとに秋口から全然だったみたい・・・なので、
なんだか、下半期まとめのようですが(^^ゞ

image3+(1)_convert_20151226222215.jpg
これは、9月28日に開催された、
赤坂・山王日枝神社での「古夜INISHIE NIGHT」に
今年も出演させていただきました。
今回で4回目の出演でした。
回を追うごとにいいものになっていくのを実感できる舞台。

武蔵御嶽神社にまつわるお話だった今回、
稽古から気迫がものすごく、
これは素敵な舞台になる!!と実感がありましたが、
本当に、いい舞台でした。
そんな舞台の、オープニング、幕間、エンディングに歌わせていただけるなんて・・・
さらに、毎度のことながら、今年もきれいに晴れて、
美しく輝く月明りの下、歌えるというしあわせ・・・!

2016年も楽しみです!!


image2 (1)

image1 (3)
こちらの2枚は11月5日、
Mood of Autumnのときのもの。
まさに、明日12月27日の鎌倉でのコンサートは、この3人です。

この日は、前半はライトクラッシック、後半はがっつりクラッシックで。
前半は、私が書いた散文詩を、私が影アナしながら進める、という、
あれもこれもな感じでしたが、
あれもこれもやっている方が、自分らしいなぁ・・・と思ってしまいます。
ひとつのことに集中できるタイプではなく、
一度にいろいろなことに頭が働くタイプなんだなぁ、とつくづく。

image4.jpg
こちらは、11月20日のコンセール・ド・サロン チャリティーコンサートの楽屋写真。
今年は山田耕筰没後50年ということで、
前半はオール山田耕筰プログラム。
山田耕筰作曲のピアノ曲があるなんて、知らなかったです!
ひとり2曲だったのですが、
ひとつはレパートリーから、もうひとつは新曲に挑戦!
かわいい曲に出会えました♩
後半は、オペラアリアを。
久々の蝶々夫人。
やはり、名曲ですね~

・・・ということで、長くなりそうなので、
これ以後は、また別途!

気づけば・・・

ずいぶんとご無沙汰してしまっておりました<(_ _)>
11月~12月にかけて、怒涛の日々でございました。

12月10日~2週間、飛鳥Ⅱに乗船が決まっており、
ほぼ連絡も取れない不在期間を年末に控えているということは、
それなりに大変なことでありました。

24日にニュージーランド・オークランドに下船、
帰りは空路で、25日の早朝に羽田より帰国。
サンタクロースさながらな移動でしたが、笑、
この期間洋上、それも南半球へどんどん南下していく船の上にいると、
クリスマスはなかなか実感できず(;・∀・)
帰国した日は、オットも早出の残業だったということもあり、
イベント感ゼロで旅の疲れを癒しておりました。

そして明日、今年最後の本番が待っています。

今さら・・・な、お知らせですが、
明日は、
日本キリスト教団 鎌倉雪ノ下教会 礼拝堂にて、
世界で一番遅いクリスマス「ミニミニコンサート」に出演させていただきます。
開演は12:30、チケット献金方式で、どなたでもご入場いただけるとのことです。
年末ですが、
ちょっと鎌倉に・・・なんていうご予定おありの方は、
ふらりと覗いてみてくださいね!

約1時間のプログラム、
チェロの岩瀬うららさんと、
ピアノの櫻庭美奈子さんとの共演です。

帰国した翌々日に本番、というのは初体験ですが、汗、
頑張って歌ってまいります!

今年も・・・

今年も、あと一か月半となってしまいました。
気づいたら11月半ばになっていた・・・!というのが正直なところで、
やることをたくさん抱えながらも、
そこまで切迫される思いになることもなく(いや、ならなきゃいけない状況なのですが)
毎日楽しみながらがんばろう!という、
ある意味、とても私らしい日々を送っております。

昨日も、年明け一本目のコンサートの決起会&稽古でございました。
アンサンブルユニットTriangleの結成5周年記念のコンサートです。
0001+(1)_convert_20151116123048.jpg
今回は、私たちが初めて主催公演をした、近江楽堂にて、
初心に戻りつつも、私たちらしいコンサートをしようと企画いたしました。

第一部は全曲アカペラアンサンブルで、
幼少期を思い出すような、懐かしいほのぼのナンバーをたっぷりと。

そして、第二部では、ゲストをお招きして、
みなさまを音楽のヨーロッパ旅行にお誘いします♪
0002_convert_20151116123110.jpg
ゲストは、クラッシックギターの斉藤惟吹さんと、
声のお仕事で活躍されている役者の雨海智和さん。

昨日は、メンバー全員揃って、
かつての「静乃会」を彷彿とさせるような料理の量と、メンバーの食べっぷりで
楽しい決起会となりました。
image1.jpg
紫大根のサラダ、
かぼちゃのフライ、
鶏のから揚げ(約1キロ)、
おにぎり2種類(三合分のごはんで12個)、
カブを薄味のお出汁で煮て、鶏そぼろあんかけをかけたもの、
(写真にはありませんが)ねぎごま味噌だれうどん(稲庭うどん5把分)

みなさん、中学生の男の子たちかしら、というくらいの勢い・・・
このあと、若干眠くなってしまったメンバーもいましたが、苦笑、
第2部を初めて通すことができ、
色々見えてきて、これはいいコンサートになるな!という予感。

ま、企画時点でそんな予感が持てないと、実行しない私ですけれど。

・・・というわけで。

みなさんとともに、これまでのTriangleを振り返りつつ、
これからのTriangleの展望が見えるような、
そんなコンサートにしたいと思っています。

近江楽堂という、素敵な空間で
みなさまをお待ちしております。


響 詩HIBIKIUTA ~かさなりあうこえ かさなりあうこころ~ vol.5
1月9日(日)13:30開場 14:00開演
近江楽堂(京王新線「初台駅」直結・東京オペラシティ3階)
全席自由 3,000円


チケットお申込み、お問い合わせは・・・
lalunabianca2007☆yahoo.co.jp
→☆を@に変えて送信してください。

お待ちしております!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。